blog santaku
新着アーカイブ
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)
▼真実はわかりませんが
(2017/11/30 22:55)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

白髪
今朝テレビを点けるとダウンタウンの松本さんが髪の毛を染めているのが話題になっていました。
個人差は大きいですが40歳を超えたころから、白髪が目立ってくる人が見かけますが、私もその1人です。
会社でも染めている方を多く?見かけますが、髪の毛が危うくなってきている私にとっては、地肌への影響が心配です。
白髪も困りものですが、もう少し髪の毛ももってもらいたかたTりします。
悩みどころです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1697.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
人が持っている時間...
所属部は異なりますが同じフロワーの方が亡くなりました。
心臓関係の突然死のようです。
私よりは年上ですが、そう年齢の変わらない方が亡くなられたことは、人生の儚さ 生き続ける難しさ を感じさせられます。
多くの人は、まだ残された時間があると思い込み生きていますが、その考えには何の根拠もありません。
たまたま今日まで生き続けられているだけで、明日があると思い込んでいるだけです。
人生が何時終わるかは誰もわかりません。
時間を大切にしたいと思います。
ご冥福をお祈りします。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1696.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
日本も...
アメリカで白人の警察官が黒人の青年を射殺する事件が、不起訴になったことに対して、暴動が起こっているとの報道が盛んされています。
この不起訴処分の妥当性は今後明確になってくるとは思いますが、その背景にある人種問題 貧困については、解決するのは相当先のことになるようです。
アメリカは合理的な能力主義の強い国であるのは事実で、大統領のオバマさんが有色人種であることも、その象徴してみることができます。
しかし、現実には違う面もあり、人種差別を正面きって発言する人はさすがにいないようですが、口にしなくとも人種差別的な思想を持っている人は少ないないとテレビのような大規模なメディアでも普通に報道され、その人の実力とは違うところで不当な扱いを受ける国でもあるようです。
さらにそこに貧困 所得格差が、複雑にからみあい、今回のような事件が発生する原因となったいるようです。
日本はほぼ単一民族の国なのでアメリカのような人種差別的考え方は低いかもしれませんが、貧困や所得格差は今後広がっていくことは確実であり、そのことが背景となり、暴動が発生をする国になってしまうのでしょうか.....

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1695.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
肉体改造は難しいです。
今日は、ジムで体組成測定を実施しました。
体重は予定通り落とすことができましたが、肝心の体組成については殆ど変化がありませんでした。
私の行っているジムは庶民のジムですので、体組成測定といっても生体インピーダンスを使用したものなので、正確なものを測定するのは難しいです。
それでも、傾向は確認出来るはずなのですが、体感を数値したものではありませんでした。
生体インピーダンスを用いた体脂肪測定以外で、体脂肪の減り方を確認する方法は、ウェストやお腹の脂肪の厚みの測定っだりするのですが、それでは体脂肪が減っている傾向なのですがぁ....
筋力についても、マシンの負荷も上がっているのも、数値に反映されません.
肉体改造は難しいです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1694.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
残心
高倉健さんの足跡を伝える番組が、盛んに放送されています。
高倉健さんは、私が子供の頃から大スターでした。
スターと大スターの違いは?と聞かれたら、自分が大人になるつれて、その凄さをますます感じさせるのが大スターで、当初の印象以上の凄さを感じないのが、スターだと私は思っています。
高倉健さんは間違いなく大スターで、それも俳優道を極めた人だと思います。
日本には、価値観 哲学として「道」があります。
「道」とは、1つのことを生涯続けて追及することで、その事の真理を知り、自分自身の精神を高めること言われ、日本の精神性を表すのにも、海外では武士道なども用いられたりするようです。
しかしながら、日本で道を究めている人に出会う機会は殆どなく、本当に、昔の日本人に武士道を持っていたのか疑いたくなってきますが、高倉健さんの生き方を見聞きすると、「道」を究めた人がいることに気がつかされます。
また同時に西洋化した日本でも、「残心」とも言える考え方が、日本人の美学として根付いていることを、高倉健さんは教えてくれたように思えます。
私も、「残心」を貫ける人間でありたいです。

ご冥福をお祈りします。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1693.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
三連休初日もジムに行っていました。
週末のジムは、天気が良い日は来る人が少ないことが多く、今日もその傾向通り来ている人は少なかったです。
人が少ないとマシーントレーニングがテンポ良く行えるので、とても気分が良いです。
明日も明後日も天気が良さそうなので、テンポ良くトレーニングできそうです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1692.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
筋肉
筋肉
ジムに通う人でダイエット目的の方も多く、私も、ダイエットと目的でジムに通うようになった1人です。
ダイエットは比較的単純で、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せることができます。健康であれば体重の落ち幅の差はあれ、誰でも痩せることができます。
それに対して筋肉を付けるのは、条件が多く難しいことは知られておらず、私もジムに通い始めて知りまた。
筋肉をつけるには、トレーニングとたんぱく質を食べれば、ムキムキになると思っている人が多いようですが、実際は、ホルモンの分泌のコントロールが必要でそれが非常に難しく筋肉を付ける難しさとなります。
そのホルモンの分泌に影響与えるなかで、一番悩ましいものに、オーバーカロリーがあります。
オーバーカロリーになると脳が筋肉と脂肪を増やす判断をし、結果 筋肉を増やすホルモンを分泌が盛んになるそうです。
事実、ボディビルダーが、筋肉を増やすために、体重増加で筋肉と脂肪を増やし、その後ダイエットで脂肪のみを落とすサイクルで筋肉を増やしているのも、オーバーカロリーによるホルモンの分泌を利用したものです。
ダイエット目的で通っている私が、筋肉がなかなか増えないのも納得できます。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1691.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
腹筋
先日の撮影の時、腹筋を割るを話になりました。
腹筋を割るには、体脂肪率を落とすことと、腹筋を大きくする、二つの要素を満たす必要がありると言われています。
この二つの要素を満たすのは大変で、
腹筋は高い負荷をかけてトレーニングするのが難しいのは男女共通ですが、女性は体脂肪率も10%まで落とすとホルモンのバランスが崩れるリスクもあるので、特に腹筋を割るのは難しいようで、事実 雑誌とかでのトレーナー記載でも、腹筋を割れている女性は、一般人ではまず見かけなく、陸上選手や体重制限のあるスポーツの軽量級の選手ぐらいと書いてあります。
先日お会いした女性あ腹筋が割れていると言っていたので、気になったトレーニング内容を聞いてみたのですが、その方の立場上当然なのですが、大学での精密な体組成測定結果に基づいた専属のトレーナーによるトレーニングを限界ギリギリのレベルでこなしているとのことで、女性が腹筋を割るにはそこまで努力する必要があることを感じさせれました。
私もなんとか腹筋を割ろうと思いトレーニングをしていますが、まだまだ努力が足らないようです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1690.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
撮影
久々に撮影に行って気ました。
皆さんのおかげで楽しかったです。
皆さんに感謝です。
少し疲れたのと、お腹いっぱいで眠いので、詳細は後日報告します。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1689.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
場所は大切です。
私の通っているジムは、田舎のジムってこともあり通っている人の多くは私より年上のばかりのおじさん おばさんが多くを占めていることもあり、特に周りを気にせずマイペースに運動しています。
みんなそんな感じで運動していると思っていましたが、結構 人間観察をしているひとがいるようで、時々全く覚えのない方から声をかけられることがあります。
その声をかけられるのが、ジムエリアだったら特に問題ないのですが、風呂場や脱衣所で声をかけられると恥ずかしかったりします。
先日も、足を痛めて四ヶ月振りにジムに来たというおじさんに脱衣所で声をかけられ、痩せましたねぇ!!と言われました。
真っ裸な状態での痩せたの一言は、かなり恥ずかしいです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1688.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
鰻は私の子供の頃からご馳走で安価なものではありませんでした。
先日、テレビで日本一の鰻屋さんの店主に密着する番組が放送されたいました。
蒲焼きのような鰻料理は、比較的シンプルな料理な印象ですが、そのシンプルさゆえ料理人の技量の差 素材の差が明確に現れる世界なため、名人と言われる方が現れる世界になるようです。
名人+最高に食材なので当然ですが、その店で鰻を食べると最低一万円以上で、天然鰻となれば 想像できない?値段のようです。
今の鰻を取り巻く状況を考えると当然ですが、私の子供の頃は、親戚におじさんが河に罠をしかけて、鰻を採るのを趣味にしていたこともあり、天然鰻でさえ食べることができました。
その天然鰻は、おじさんがさばいてくれたものでしたので、小骨とか残っていましたが、肉厚で弾力があり非常に美味しかったことを覚えています。
数万円出して天然鰻を食べるとの発想は今の私にはありませんが、鰻はその河の香りを持っているそうなので、紀ノ川の天然鰻が食べられるのなら、その誘惑に乗りたい気もします。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1687.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
パソコン1つで性格も
パソコンに詳しくないのに、OA係をしています。
何年か前までは、会社で使用するパソコンは部とか課で購入し、課員に配布されるものでした。
しかし、最近は、会社のとある部門からパソコンをレンタルする形式になったので、一定期間使用したものは返却し、新しいものと交換してもらう形式となりました。
今日、課員の人のパソコンを返却することとなり、設定を配布時に戻したり、HDを初期化したりしていました。
その作業の中で一番 大変なのがパソコンの清掃で、同じ事務所でほぼ同じ時間使用したパソコンでも、新品同様に綺麗に使っている人から、どうしたらこんない汚くなるのを思わせられるものまであります。
今日、返却されたのは、女性の課員が所有していたものでしたが、非常に汚いものでした。
私も綺麗好きではありませんが、汚いのは嫌いなので、ほどほど気をつけているレベルですが、共有品等は気を付けて綺麗に使っています。
使っているパソコン1つでその人の性格もわかってきます。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1686.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
そろそろ手袋
ジムで筋トレをおこなっている方の多くは、手袋をしています。手袋の目的は大きく分けて、手のひらの保護と滑り止めの2件となります。
最近は男性でも、綺麗な手が望む人が多いようですが、私は、ゴツイくて!マメのあるような手が好きなの上、手汗は書かないタイプなので、素手でトレーニングを実施してきました。
しかし、トレーニングも1年近くなると当初の負荷の2倍以上となり、お姫様抱っこ程度なら軽々できる筋力になり、トレーニング中の手のひらの痛みが耐えられなくなってきたので、手袋を買うこととしました。
ネットとかで調べると、軍手でも問題ないと書いていたりしますが、私の通ってい入るジムには軍手を使用している人は見かけたことがない上、ユニホームも歳を重ねている人ほど、有名ブランドのものを着られているので、近所のスポーツショップで専用のものを購入してきました。
今回、買ったのがこのグローブ
1331.jpg
でショップのプライベートブランドのものです。
有名ブランドのものも売っていましたが、触った感じではさほど差を感じなかったので、安い方を選びましたがどの程度もつか若干心配です。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1685.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
継続の向うに
ジムでは私はマシーンでの筋トレをメインでおこなっています。
筋トレの中では、マシーンのトレーニングは可動域が限定されているので、安全にトレーニングできる初心者向けのものですが、実際やり続けてみると姿勢とか負荷のレベルとか、奥深いものだときがついてきます。
どのようなものも同じだとは思いますが、長く続けると初め気がつかなかったことを感じられるようになります。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1684.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
いろいろなことがあります。
今日、会社のメールアドレスにと気になるメールがありました。
悪いものではありませんが、悩まされるものです。
じっくり考えたいと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1683.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
古着
私は、手足も短いし.....顔も大きいので、服を着ても全然に似合わないので服にはまったく興味はありません。
今年始めた筋トレの成果もあり、昨年来ていた冬服が全然着れなくなってしまったので、少しずつ服を買っているのですが、まだまだ肉体改造中なので、そこそこの服を買っても着れなくなってももったいないので、生まれたはじめて古着を買ってみました。
当然 使用感はありますが、かなり安く買うことができる古着は、ありかなぁ!!と思いました。
足が短いので....ジーンズを買えないのは残念です。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1682.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
電王戦
電王戦とは将棋でコンピューターと人と対決するもです。
先日テレビでその対決の様子を特集した番組が放送されていました。
私の子供の頃からコンピューター将棋はありました。
しかし、その実力は小学校で遊びで将棋をしている程度の私ですら簡単に勝てるもので、練習相手にならないもので、駒の動かし方を覚える程度の代物でした。
それが、今ではプロ棋士も破るほどの実力を持ったもので、事実 放送の中でも団体戦でコンピューターがプロ棋士に勝ち越していました。
その放送内容で驚いたのは、1996年に既に羽生喜治騎士が2015年にはコンピューターがプロ棋士よりも強くなると予想している点です。
90年代のソフトはそれ以前のソフトと違い、優秀なプログラマーが多く登場した年代で急速にコンピュターの実力が増した時代のようですが、それにしても、その先見の目 見えないものを見るよう能力には驚かされます。
ただコンピューターも、将棋の世界で無限強くなっていくかといえばそうでないようで、機械学習(プロ棋士の棋譜から評価関数を生成/更新していく方法)ベースにしている以上限界があるようです。
逆に、人間が練習方法としてコンピューターを利用できることにより、今まで以上のスピードで人間の実力が向上することが可能になるようです。
ただ、将棋の世界ではありますが、プログラマー以上の棋力を持つものができる事実には驚かされると同時に、コンピュターが人より創造的になる時代がくるのも夢物語で無い気がします。
将棋のソフトが登場して40年でプロ棋士同等となった、コンピューターはこれから40年後にはどのようになっているのでしょうかぁ.....

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1681.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2093)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(6)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)