blog santaku
新着アーカイブ
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)
▼真実はわかりませんが
(2017/11/30 22:55)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

健全??
朴槿恵前韓国大統領が逮捕されたそうです。

韓国で大統領経験者が逮捕されたのは、朴槿恵さんで3人目だそうです。
お国柄ってのもあるのかもしれませんが、韓国は一度権力の座に座り、その座を失った人に対する風当たりは厳しいように思います。
また、今回の朴槿恵さんが裁判所に向かう途中の支持者・反支持者の姿をみると、こちらでもお国柄を感じます。

韓国のように強く自分の意志を表に出すことがは、良い面悪い面両方あるとは思いますが、その表に出した意見が国を動かしているのは、あるべき民主主義の姿のようにみえます。

その一方で、健全な法治国家との観点では危うさも同時に感じるものでもありました。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2138.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
人災
雪崩で多くの高校生が亡くなられた登山の責任者の方が記者会見を行っていました。

その中で一番驚いたのは、その責任者の方は雪崩が発生したときは、現場にはおらず500メートル離れた旅館にいたこです。
この方はこの責任者の仕事を、お金をもらっておこなっているのにもかかわらず、この対応には無責任さを感じます。

また、現場にもいないにかかわらず、100%雪崩は起きないと考えていたと発言されていました。
一体何を根拠に100%といえるのでしょうか??

このような方が責任者であるのであれば、今回でなくともいつか事故は発生したとおもわれ、今回の件は私には人災とkしか思えません。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2137.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
引き際の判断
何事も引き際が難しいと言われます。
特にそれが生死にかかわることであるのであれば、より慎重な判断が必要になります。

先日「クレージージャーニー」っていう番組でで紹介されていた著名な冒険家でも、過去 判断をミスし、指を凍傷で失うような生死にかかわる経験をしていることがとりあげられていました。

栃木県那須町のスキー場で発生した事故報道は、されていますが何か自然災害のような感じで取り扱われているのには違和感を感じます。
自分の判断で招いた結果であるのであれば、それはたとえ正しくなかったとしても、本人の問題であり事故であるとおもいますが、今回の件は、亡くなられた人と判断したした人が異なっており、その点には注意が必要です。

今回引率された方は、どのようなスキルの方かはわかりませんが、結果からすると引き際の判断ができない、本来このような仕事をすべきだなかったと言われても仕方がないと人だと思いますし、命を預かっているとの自覚はどの程度あったのか疑問をもちます。
今後 事実関係は明確になってくるとはおもいますが、亡くなったかたがいる事実には変わりありません。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2136.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
楕円的安定性
アメリカの老舗のサーカス団であるリングリングサーカスが、146年歴史に幕を閉じるそうです。

その理由にはいろいろあるようですが、その一つにショー動物に対する動物愛護団体による批判があるそうです。

私も子供の頃から、ライオンやトラやクマにような自然界では人間など餌でしかない動物が、サーカスで従順にしている姿や動物園で檻に入れられている姿は、あまり好きではありませんでした。
その一方で、出身の和歌山は古から捕鯨を生業にしている地域なので、欧米からの捕鯨批判にも良い感情を持っていませんでした。

今回のサーカス団に対する批判も、動物の愛護との観点では一定の正当性があるのだとおもいますが、同時にサーカス団が146年も続いた事実は、サーカスがアメリカの歴史の一部であったことを意味していると思います。
どうのように正当化したとしても、人間は地球の資源を利用し動物を利用し生き続けている存在であり、その両者にまったく影響を与えずに生きていく不可能な存在なのですので、このようなことを考えるときは、人間その者がどのような存在であるかは理解する必要がある気がします。

物事を安定に保つ方法の考え方に、楕円の法則があるそうです。
この法則は、一つの絶対的中心だけ完成している円より、楕円のような二つの中心からなるもののほうが安定性が高いという考え方だそうです。
今回の問題も、サーカス団に対する批判とサーカス団の対応の改善のバランスで、なんとか存続の道があればよかったと思えてきます。

人間は悪魔ではありませんが、神でもないのですから...


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2135.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
工夫次第で
WBCでアメリカが優勝で幕を閉じたようです。

日本は残念ながら、ベスト4の結果に終わりましたが、日本の野球の強さを証明した良い大会だったと思います。

今回の大会を見ているとスポーツで最も重要なフィジカルで劣る日本人でも、工夫次第で世界でも戦えることを感じることができました。
むいていないことでも、世界レベルは無理かもしれませんが、多くのことは工夫と努力で何とかなるとおもわせてくれました。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2134.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
人はそれぞれ
飲み会とか集団で楽しむのが好きな人がいます。

私は比較的一人でも平気なので、集団で楽しむのがどうしてそんなに楽しのかと思う時があります。
この件で最近気になったのが、人には二通りのタイプがいて「一人でエネルギーを充電出来るタイプと集団の中で充電出来るタイプがいる。」との考えかたです。

この考え方を聞くと、飲み会とで夜遅くまで大勢で楽しんだにも関わらず、翌日 元気一杯でいる人がいることが私にも理解できます。

このようなことからも、人はそれぞれで個性が異なるのが理解できました。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2133.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
錯覚
今日 バックで駐車場に車を止めてい時にブレーキがきかなくなったのかと思い驚かされました。

実際は、隣の車が動きだしその影響で自分の車が動いていると錯覚していました。
単純な現象ですが少し驚きました。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2132.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
引っかかっている...
今日付けで1名退職されました。
一時仕事を教えていたときもあったので、今まで退職された他の方の時とは異なる感情を抱きました。
本人の意思で退職を選ばれたので、他人が何か言うことではないのは判ったいますが、どこか心に引っかている私がいます。

どこかで教え方や距離感で後悔してるのかもしれません。

折角 出会ったのにとの後悔かもしれません。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2131.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
無理が通れば....
ネットで以下のようなものを見つけました。

この一貫しない理屈が腹が立つ。
JR「赤字がヒドいです助けてください」
知事「民間企業なんだからコスト削減等の自助努力を」
JR「では、赤字路線を廃止します」
市町村長「鉄道は地域とともにあるべき、地域を見捨てる気か?」”

これは一例ですが、会社でも社会でこのような道理の通らない理屈に遭遇します。

多くの人がストレスを感じるのも理解できます。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2130.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
毎年恒例ですがぁ...
毎年恒例ですが、温かくなってくるジムが混み始めます。
今日も会社が終わった後行ってきましたが、多くの人が来ており、マシーンの利用するには待ち時間が必要な状態になっていました。

待つのは仕方がないのですが、体が冷えるのは結構厄介です。

もう少し工夫しないとj時間も効果も損しそうです。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2129.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
原発のことは....
3月11日
東北の震災から今日で6年になり、多くの特集が報道されています。

震源地から600q以上離れたところにいましたが、免震構造の建屋が長時間揺れ大変なことが起こっていることが、即座に感じたことを覚えています。
その後は、津波の被害 原発の問題が時間が経つごとに深刻さがまし、日本はどうなってしまうのだろうと感じたのを鮮明に覚えています。

それ以前から活力が衰えている日本ですので、劇的な復興とはいけませんが、それでも回復しているのは事実であり、改めて日本の強さを感じたのも事実です。

時間はかかるとは思いますが、原発の片づけも進めていけるのが日本人だと思います。
震災の大きな教訓として、原発のことは心に刻んでおこうと思います。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2128.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
健康が一番です。
昨年末から入院していた父がようやく退院しました。
何はともあれ一安心です。

昨年は、父 母とも入院があり改めて健康の大切さを感じさせられる一年でした。

十年後を意識して食生活を摂生たいと思います。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2127.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
仕事の意味
以前 イモト?さんが「憂鬱でなければ仕事でない」と言っていました。
お金をもらっている以上、これは本質だと思います。

会社の新人さんが愚痴を言っているの耳に入ってきました。
その一つが給料についで、少ないことに不満を漏らしていました。

その新人さんは、アパートで住み 車を持ち 休憩中はタブレットとスマホを使い....飲みに行っている話も良くしています。
その風な生活をしていればお金が足りないのも当然です。

お金は仕事した分しかもらえません。
生活に必要な分もらえる訳がありません。

お金が必要なのであれば、仕事を頑張るしかありません。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2126.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
がさつな人は...
先日 外国人講師が福島出身者に「暗いと光る」と言った話が報道されていました。
この話の背景には、アメリカのジョークで、「原潜の乗組員は暗いとことでは光るからわかる」があるそうです。

おそらく本人はさほど悪気はなく、ジョークのつもりでいったのでしょうが、その発言者は、相手がどのように思うか全く考えないで発言する感覚が欠如して発言する人間であることを、自覚する必要があります。

何もかもxxxxハラスメントと言う風潮に疑問がありますが、冗談やジョークですませようとする風潮に問題がある気がします。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2125.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
裁判員としての役目
裁判員としての役目が、ようやく終了しました。

ひと言で表すとすると、良い経験になったとの表現になります。
ただその一方で、現状の司法制度の抱える問題として指摘される項目についても、その指摘が全く間違ったものでないことも感じさせられたのも事実であり、現状が最適と言えるものでないと感じたのも事実です。

私のような単純な人間には、目には目を歯には歯を が一番判りやいです。

人が人を裁くことはどのようなことなのでしょうか....
公平に裁くことはどのようなことなのでしょうか....
罪と刑罰のバランスはどのように判断するのでしょうか....

よくわかりません。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2124.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
正確なものがくるうと
出張に行っていました。

国内出張なので気軽に考えていたのですが、新幹線のダイヤが乱れているとの報道があり、対処に大変でした。
最悪 新幹線に乗らなくても帰れるように仕事をかたずけなければならなくて大変でした。

結局、私が電車に乗るころには、数分程度の遅れだけになっており、全然問題ありませんでした。
日頃 正確なものがくるうと大変です。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2123.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2093)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(6)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)