blog santaku
新着アーカイブ
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)
▼真実はわかりませんが
(2017/11/30 22:55)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

阿下喜駅遠出報告の八回目!!
阿下喜駅遠出も、今回で最終会です。
前回報告した旧六石駅は、北勢線の初めの頃は最終駅だったことからも判るように、少し歩けば、阿下喜駅まで一望できるこんな景色
が広がります。
4時間も歩いてようやく着いた阿下喜駅は最も変化の大きい駅で、近鉄時代に面影は、殆ど残っていません。少し前まで土の中に埋もれていた転車台も!!こんな
感じで復元されて真新しくなり、駅舎もホームも、
新築されローカル線の終着駅の雰囲気は無くなっています。唯一残る近鉄時代のホーム
も間も無取り壊されると思われ、近代化の進む北勢線の象徴的な姿となっています。
無事到着し快い疲れを感じ、この切符
買って最寄駅まで帰りました。4時間かかって歩いた距離も380円で電車で帰れ、改めて電車は安く便利な乗り物であることを実感しました。
最後に撮ったこの一枚
でも判るように、電車はこんな田園風景から、都会の風景までマッチする不思議な魅力を持ったのりものです。小泉改革のあおりでどんどんローカル線は廃止に追い込まれいますが、一度廃線になると二度と復活はありません...是非 皆さんも利用してください。
良さが判ると思いますのいで....
ちなみに電車の奥に見えるアパートは、私の住みかです。北勢線に時計代わりまでやってもらってます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_176.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)ウォーキング
阿下喜駅遠出報告の七回目!!
阿下喜駅遠出報告も7回目!!今回は、旧上笠田駅周辺の面白いもの紹介です。
まずこの写真は、
ナンテンです。「難を転ずる」ってことで、縁起物なので撮影してみたものです。縁起物と言えば、この写真の
蜂の巣も、人が集まるとの意味で縁起物で、和歌山の田舎の方では、玄関等に飾られたりすます。この蜂の巣は、人が通る道の直ぐ脇にあり、本来は非常に危険なものが、駆除されず残っていることは、駅の近く...線路沿い...であっても、人通りが少ないと言うことを表現しているようにも思えます。
このことは、こんな標識
からも判ります。六石の駅は、既に1年以上前に廃駅なった駅です。にもかかわらず、標識には六石駅は存在するようになっています。それでも、迷惑するひとは居なく、利用客が少なかった駅ってことを表してていると思えます。駅の跡は、
今は、こんな感じになっており、面影は全くありませんが、もともと駅があったのは事実で、いまは、標識の中だけで、こっそり生き続けているようです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_175.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)ウォーキング

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2093)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(6)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)