blog santaku
新着アーカイブ
▼比べるものではありませんが
(2020/8/6 19:23)
▼トヨタカレンダー
(2020/8/6 19:21)
▼新型肺炎との距離感
(2020/8/4 21:33)
▼時代に適応し続けるガンダム
(2020/8/2 09:33)
▼暑さこそ夏
(2020/7/31 19:54)
▼やるべきこと
(2020/7/29 21:38)
▼ようやく
(2020/7/27 20:52)

新着コメント
▼人の努力の結果
by Michaelneody (07/24)
▼人の努力の結果
by StewartIceno (06/28)
▼人の努力の結果
by StewartIceno (06/26)
▼人の努力の結果
by ______ ___ _________ ______ (06/14)
▼人の努力の結果
by how long does cialis last (06/05)
▼人の努力の結果
by buy viagra without prescription (05/25)
▼人の努力の結果
by circumcision essay (05/19)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

志村けんさん
志村けんさんが、新型肺炎で亡くなられたそうです。
志村さんは、私が小学生の頃からテレビで活躍されていました。
志村さんについて私が一番凄いと思うのは、お笑いをメインにやり続けていることです。
お笑いの世界も流行り廃りがあり、一世を風靡した人でもその変化についていけずに、俳優業やその他のことに重きを置いていく人が多い中、志村さんは唯一無二の自身のお笑いを追求し発展させていく姿は、尊敬の言葉しかありません。
そんな志村さんが亡くなられたのは、残念のことばしかありません。

同時に時間を大切に今を一色懸命生きる重要性を教えてくれた気がします。

ご冥福をお祈り申し上げます。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2740.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
自粛ムード
自粛ムードの影響で家にいる時間が長くなっています。
そのためネットを見る時間も増えています。
それでハマっているのが、ガンチャンです。
ガンチャンは、YouTubeで見られるガンダムの公式チャネルで、昔のガンダムのTVシリーズを見ることができます。
私が今ハマっているのは、ファーストガンダムになります。
このガンダムは40年以上も前の作品で、子供の頃から何度のもみているもので、大げさな表現になりますが台詞を殆ど覚えているような作品です。
そんな作品ですが、ネット配信でみると一味違います。
その一味とはチャット機能で、公開一回目の配信時はチャットを打ち込みながら。打ち込まれたチャットをみながら、作品をみることができ面白さ倍増です。
同じ世代の同じような書き込みが、小学生の頃に友達とガンダムを語っていた記憶をよみがさせられ、楽しいです。
先日の回はテキサスの攻防で、本格的に伏線回収が始まる回で最高でした。
毎週金曜日の9時に配信されのが待ち遠しです。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2739.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
新型コロナ
私の生活範囲では、急速に感染広がっている実感はありません。
しかし、会社は色々な対策をとり始めており、その対応をしていると感染がすぐ近くまで来ていることを実感します。
今日も、会社の事務所で人の同士の距離を2o以上とるように、席替えがありました。
当然、いままでいた事務所だけではそのような対策はとれないので、会議室を活用し、何とか2o以上の間隔を実現する状況になっています。
こんなことは、今までやったことがないので率直に不安しかありません。
このまま感染が広がると、オリンピックなんかあと回しとの感情をいだくようになるかもしれません。
先行きが判らないのは不安です。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2738.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
理念と現実
WHO 世界保健機関は、小学生で習う国連の専門機関です。
今回の新型肺炎の対応をみていると役にたっている印象はありません。
そもそも今回の世界的な大流行は、中国で猛威をふるっている係らず、WHOが、すぐに中国の封じ込めの宣言を、しなったことが大きな原因の一つであり、結果 中国も含め多くの人の健康に大きな影響を及びし他とも見えます。
公正な国際機関なんかはありませんが、事実はわかりませんが、WHOの代表のテドロスさんが中国に忖度しているとささやかれる現状は、問題があるような気がします。
理念と現実は違うようです。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2737.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
瞳追従AF
デジカメの進歩は以前ほどではなくなり、カメラに対する物欲も小さくなりましたが、ミラーレスカメラの市場席巻に伴う瞳追従AFは、気になる機能です。基本的にはコンデジにもあった画像認識機能を用いたAFのようですが、スピードと精度がカメラを趣味にする人やプロ?の要求も満たすレベルになってきているようです。
特に評価の高いのはソニーのカメラのようです。
イメージセンサーでもソニー!AFでもソニー!!となれば、数年後にはソニーがシェア1位って話もあるかもしれません。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2736.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
光のコントロールは難しい
今年最初の撮影会に行ってきました。
今回はストロボ撮影にこだわってみました。
写真は色々難しいことがありますが、その一つに光のコントロールがあります。
野外で撮影する場合、レフ版を利用したりストロボを使用したりすることで光がコントロールできるのですが、実際はなかなか難しいです。
この難しいさを楽しいと思える時は、良い写真が撮れる気がします。
この写真は
1583.jpg
昨日撮ったものの一枚です。
全体の明るさを調整するため、2灯ストロボを使っています。
小さい中国製のストロボですが、私が使うには十分な性能を持っており、私を十分に楽しませてくれます。
撮影は楽しいです。
主催者様 モデルさんに感謝です。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2735.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
みんなが少しずつ頑張れば
新型肺炎のニュースばかりで、良いニュースが少ないです。
そんな中、水泳の池江璃花子選手が、406日振りにプールにのニュースは、希望を感じられるニュースです。
池江璃花子選手は、病気さねなっていなければ東京オリンピックで活躍をされていた人です。
その人が、病気を乗り越え新たなスタートをきっているすがたは、現状世界が新型肺炎に取り組んでいるも、いづれ乗り越えられることを想像させてもらえるできことです。
みんなが少しずつ頑張れば、新型肺炎も乗り越えられる!!


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2734.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
カメラマン=パソコン職人

一眼レフで撮影している人のほとんどが、RAWデーターで撮影しているようです。
私も、RAWデーターで撮影しています。
RAWデーターで撮影するメリットは、現像ソフトの進歩を享受できる点であり、私はSILKYPIXのソフトを使っています。
黎明期からこのソフトを使っているので愛着もあり今後のも使い続けますが、最近の現像ソフトのAI対応をうたったものは、写真とは何かと考えさせられます。
最近 気になり導入に心を揺さぶられているのがLuminar 4になります。
実際使用したことないので、間違っているかもしれませんが、撮影した写真を元に新たな写真を作ることを、現像としての位置づけと考えているようなソフトで、写真の定義が変わってきているのを強く感じさせられます。
この現像の定義の変化は、デジカメが主流になってきた時からですが、その頃はパソコンの性能もソフトの性能もまだまだで、多くの人にとって扱いが難しいものでした。
それが、AIの導入で多くの人が簡単にできるように変わってきています。
カメラマンの仕事も撮影することでなく、パソコンで加工するのがメインになっていることを改めて感じさせられます。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2733.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
立ち上がることに関心がある
パンデミックは、人の健康だけでなく経済にこそ大きな影響を与えるようです。
その一方で、今回の新型肺炎から感じる恐怖も、東日本大震災で感じた恐怖に比べると大きくないのも事実です。
我々日本人は、過去の歴史を振り返ると災害に強い民族と言えるそうです。
災害は起こらないのが一番ですが、そんなことはありえません。
重要なのどのように立ち上がっていくかです。
世界に先次てこの新型肺炎を克服する姿を示す日本人でありたいです。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2732.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
選抜高校野球大会
選抜高校野球大会が中止が決定されてそうです。
プロスポーツが自粛されている状況を考えると、当然の決定とも思えますが、甲子園出たいとの一心で努力を続けられてきた選手のことを思うと、他の選択がないかと思ってしまいます。
休校に伴う卒業式の中止も含め、学生さんへの新型肺炎の影響は大きいです。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2731.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
自粛延長
新型肺炎の感染対策として実施ている政府による自粛要求が1延長されるそうです。
必要なのはわかりますが、10日の延長で解決できると思えないことを踏まえると、色々な意見があることも納得できます。
もっと良い方法はないでしょうかぁ...


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2730.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
自粛→バランスがぁ...
ホームセンターに買い物行ってきました。
客はいつもの半分程度の印象でした。
客は半分でしたがトイレットペーパーの棚はからで、消毒関係の品々は殆ど売り切れでした。
一方、買い物の熱帯魚の餌は普通に売っていました。
バランスが崩れるってことは、こういう事のようです。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2729.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
どの程度がぁ..
新型肺炎の影響で、外出するのも気分的にイマイチです。
問題は、感染リスクが想像できないこと、万が一感染した場合社会的影響が大ききことです。
ただこの病気自体のリスクは、普段健康な人にとってそんなに高くないのも事実で、現状の自粛ムードの社会に対するリスクとのバランスがとれているかとの疑問を感じるのも事実です。
今まで経験したことが無いこのなので、バランスがわかりません。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2728.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
選択
新型肺炎の流行下の行動が難しいです。
もちろん すべてを自粛すれば安全なのでしょうが、簡単にできるものではありません。
しかし、社会人として責任のある行動をとらなければならないのも事実です。
よく考えて迷惑をかけることがないように選択したいと思います。


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2727.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
説得力....
小中高生が新型肺炎対策で休校になりました。
感染しても重篤化しない若者による感染拡大を防ぐためのようですが、ちょっとむりがあるような気がします。
若者にとって新型肺炎は、重篤化する可能性が極めて低いとの意味では怖い病気ではないことが盛んに報道されているなか、若者に自宅待機等の自粛を求めるのは無理かある気がします。
また、そのお願いをしていた尾身茂氏が70歳であることを踏まえるとますます説得力を感じられません。
まずは新型肺炎で重篤化する世代に対して、より強い制限を求めるのが先のような気がします。



続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2726.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
生活が成立してこその安全
名古屋のジムでの新型肺炎の感染広がりが報道されていました。
このことが私に直接影響あるとは思っていませんでしたが、その名古屋のジムでインストラクターをしていた人が、私のジムでもインストラクターをしていたようで張り紙がされていました。
正確には、そのインストラクターの方と感染者の人は同じ日に名古屋のジムを利用していないので、濃厚接触者にはならいようです。
しかし、風評もあるようでそのインストラクターの方のスタジオは、全部中止になっていました。
時節柄仕方がない処置だと思いますが、インストラクターは基本的にスタジオで教えた人数で、お金が決まるようですので、生活を考えると気の毒な気がしてきます。
安全は第一優先ですが、生活が成立での安全なので考えさせられます。
なんとか鎮静に向かってもらいたいです


続きを読む...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2724.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー
カテゴリ無し(77)
写真関連(70)
旅行(5)
談話(2625)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2020年08月(4)
2020年07月(18)
2020年06月(15)
2020年05月(18)
2020年04月(18)
2020年03月(16)
2020年02月(15)
2020年01月(18)
2019年12月(18)
2019年11月(19)
2019年10月(20)
2019年09月(17)
2019年08月(19)
2019年07月(20)
2019年06月(18)
2019年05月(17)
2019年04月(17)
2019年03月(16)
2019年02月(16)
2019年01月(16)
2018年12月(19)
2018年11月(13)
2018年10月(16)
2018年09月(15)
2018年08月(17)
2018年07月(16)
2018年06月(17)
2018年05月(16)
2018年04月(16)
2018年03月(17)
2018年02月(14)
2018年01月(18)
2017年12月(17)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)