blog santaku
新着アーカイブ
▼疲弊社会
(2018/10/18 23:04)
▼人の本質は....
(2018/10/16 21:52)
▼移転より重要なこと
(2018/10/14 18:52)
▼死亡確率 2%以上
(2018/10/12 22:17)
▼もう少し慎重にすれば...
(2018/10/10 20:46)
▼1500年
(2018/10/8 17:08)
▼異なる世代のリメイクを....
(2018/10/6 18:35)

新着コメント
▼今日の地震で...
by SANTAKU (06/19)
▼今日の地震で...
by ゆうこ (06/18)
▼ポットも進化
by SANTAKU (05/15)
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

ボランティアをするひとの条件
テレビを見ていたらボランティアのことがとりあげられていて、少し思い出したことがありました。
先日、先輩と会話で、大学生の娘さんが、インドにボランティアに行きたいと電話があったことが話題となりました。
夏休みを利用して2週間行くそうで、20万以上の旅費が必要なことが、話題となりました。

アルバイトをして自分でその資金をためて、ボランティアに行くものと聞いていたら、娘さんはその資金を両親に出して欲しいと言っているとのことでした。

その話を聞いて...
お金の価値が判っていないのではないんですか!!
自分で稼いでいないお金で、ボランティアなんてありえないでしょう!!
なんかおかしくないですか?? がぁ!!!

先輩には言えませんが...正直な感想でした。

よくよく聞いてみると、有名校ですので企業からもそのボランティアに対して、お金が援助されているそうです。

その企業は知っているのでしょうか??
アルバイトもしないで、親の金をあてにしているような人のボランティアにお金を出していることを...

ボランティアも重要ですが、お金を自分で稼ぎその価値を理解するのはもっともっと重要だと考え方があるということを...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2347.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
信じて...
韓国と北朝鮮の首脳会談について盛ん報道されています。
朝鮮半島の当面の平和には一定の効果が期待できる階段のようです。
ただ具体的な話は不透明で、今後の展開は楽観できるものではないようです。

国と国の約束なので、絶対守られるような気がしますが実際はそうでなく、北朝鮮は過去の合意を守ってこなかった歴史があり世界的に有名ですが、韓国も日本と結んだ慰安婦問題の合意を反故にするような発言を大統領がするような国だったりします。

約束するには、相手を信じることが前提だと思いますが、この両国はどの程度相手国を信じているのでしょうか??気になるところです。

お互い信じていなくて.....
北朝鮮は、核兵器の完成までの時間稼ぎ
韓国は、文政権の期間中に平和のみだけを
考えていなければ良いのですがぁ....
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2346.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
腕時計
私にとって少しだけ高い腕時計を購入しました。
私の世代になると、非常に高額なものを購入している人も見かけますが、時間を確認する機能に私はそれほどのお金はかけられないので、日本製で機械式のものでスーツにも合うとの条件で選び購入しました。

私が初めて腕時計を買ってもらったのは、高校入学のときでした。当時はなんとなく高校になると腕時計をして学校に行くとの雰囲気があったので、両親が購入してくれました。
結構大切にしていたのですが、通学途中に落してしました。当時の私は、自転車で通学していいたのですが、雨の日は腕時計を濡らすのが嫌だったので、わざわざポケットに入れた通うぐらいでした。

これが良くなかったです。
ある日 濡れた路面にタイヤを滑らし転倒していまい、ポケット入れていた時計が落ちてしまい、紛失させてしまいました。
何度かさがしたのですがッ....
見つけることはできませんでした....:


今以上に時計は高価なものでしたので、当然と負えば当然ですが、無くしたからといってもすぐに買って貰えるわけでなく、結局1年程度時計無し状態となりました。

今回 購入した時計は長く使おうと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2345.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
お酒は人を選ぶ
TOKIOの山口さんの事件の報道を聞いていると、改めてお酒のを怖さを認識させられます。
この事件がお酒だけが理由ではないとは思いますが、テレビ番組を出演している姿をみていると、お酒さえ飲んでいなければ、今回のようなことはしないような気もするのが事実で、お酒の怖さが一定レベル影響しているは間違いないと思います。

イスラム教等の宗教で、飲酒は禁じられているのも、お酒はリスクがあるのものを示しているのだとおもいます。

お酒は飲んでよい人と飲まない方がよい人がいるのを、考えて付き合うもののようです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2344.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
事故は怖いです。
会社の同僚が、バイクで事故を起こし肩の骨を粉砕骨折しました。
隣の課の人が自転車で転倒し、脚の付け根を骨折しました。
二人の方とも、リハビリを含めると数か月 会社を休まなければならないようです。

事故は怖いです。
気を付けていても、100%防げるものではありませんが、私もいい歳なので今まで以上に気を付けたいと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2343.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
車の未来は...
最近の若者は自動車を所有しない人が増えているそうです。
田舎では、公共交通機関が発達していないので車は必需品ですが、東京や大阪のように地下鉄が整備されているような地域では必需品かといえば、そうでないようね気がします。

今日は、車検でそれを感じさせられました。
車はお金掛かります。
車検代も10万以上ですし、任意保険代 自動車税 日頃のガソリン代 オイル交換代....
冷静に考えると、必需品と簡単に言えなものです。

私が若い頃のように、スマホも無ければネットもなければ車の維持も可能だと思いますが、今の時代にどれだけ車にお金を回せるか考えると、若者の自動車離れも納得できます。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2342.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
セクハラ
財務省のセクハラ問題が盛んに報道されています。
事実関係はわかりませんが、セクハラということを利用して、他のこと有利に進めようとする人の胡散臭さは感じることができます。

今回の被害があったと告発している女性記者が所属するのは、朝日新聞だそうです。
新聞社は一見事実を客観的に報道している機関と思われがちですが、実際はそではありません。
右寄りだったり左寄りだったりし、その背景を一定レベル考慮してみないと。このような問題も真実とは違う印象を受ける場合があります。

言うまでもありませんがセクハラは犯罪ですが、あえて今回の問題の疑問点をあげると、
一件目、なぜこの件を週刊新潮にリークしたのか?録音までしているのに??記者である人の選択とは思えません??
二件目、被害者の方はなぜ名乗り出ないのか??一般の人ならまだしも、ジャーナリストでしたら逆に魂が揺さぶられるのよう気がします。そこでジャーナリスと魂の火がつかないようであれば、ジャーナリストとしては.....
三件目、財務省の加害者が否定している点。
録音までされているのが判っていて、事実であるのであれば、否定する理由が理解できません。

少し前、電車で痴漢の冤罪が問題になっていたことのように、今回の件が冤罪でないと現時点でだれがわかるのでしょうか??
また、ハニートラップの可能性もゼロと現状言えるのでしょうか??

セクハラ me too 黒服抗議 を利用している野党の皆さんはどこまで事実を把握しているのでしょうか??
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2341.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
年齢を感じる
今日は新人教育ってことで、専門分野の説明を実施しました。
私は説明が下手な上、一応専門的な内容なので単語一つとっても、普通は使わないものなので、伝わった実感は全くない時間となりました。

そんな教育ですが、年々新人さんが子供に見えることには驚かされています。
子供の頃は二十歳を過ぎた人は、大人にしか見え無かったのが幼く見える事実は、どれだけ自分が歳をとってしまったかを教えてくれます。寂しいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2340.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
チケット転売問題
私はコンサートやライブに行かないので、チケットの高額転売問題で困ったことがないこともあり、このことについて問題意識は殆どありません。

私個人の感想としては、かなり微妙な話だというのが正直な感想です。

ほしい人の数と提供される数に乖離があれば、その価値は高くなるのは当然と意見も、ある意味資本主義の基本のような気もしますし、骨董品や美術品が高く売買されるのと同じと言えば同じと言えば同じと思えます。

また、数十万で売買されるのが高額との意見も、同じ数十万円でもAKB商法ともいわれるコアなファン対象の高額ビジネスで同額以上のお金を使っている現状は、ファンからしてみれば、両方とも納得してお金を出しており違いは無いようなきもします。

チケットの転売で稼ぐことは、良いこととはおもいませんが、株や仮想通過で稼ぐようなことが正当化されている社会にチケットの転売を問題視するのは無理があるような気がします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2339.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
出来ない目標でない
努力が継続しない。
才能がないので努力をしなければならないのに、全然継続しない。
仕事関係もジムも....
出来ないことを目標にしている訳では無いと思っています。
頑張ります。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2338.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
疲れ気味
ちょっと疲れ気味です。
ジムでの疲れでしたら良いのですが、仕事がプチ忙しいの理由なのでいイマイチです。
今日は早く寝ます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2337.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
無いものをかんがえても...
天は二物を与えずとのことわざがありますが、天は大谷選手に何物あたえたのでしょうか?
投手で一流
バッターで一流
おまけに男前....
そのうちの一つでもあれば人生を楽しく過ごせるのに、3つそろえばどれだけ幸せに過ごせるのでしょうか...

無いものについて考えていてもしょうがないので、今あるもので頑張って楽しみたいと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2336.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
つばめ
今日は多くの燕が飛んでいるのをみかけました。
子供の頃、燕がわざわざ日本まで来て子育てをするか不思議でした。
また、はるかと遠くの南の国まで飛んで帰えることができるのも不思議でした。

このようなことは、はるか昔の人も感じていたと思うのですが、世界地図の概念の無い時代の人は、私以上に不思議に感じていたと思います。

おまけに、稲を植える頃に飛んできて虫をたべてくれ、収穫のころはいなくなりお米を食べないのも、稲作をしている昔の日本人神秘性を感じている人も少なくなかったと思います。

そんなつばめですが、子供の頃はもっとたくさん飛んでいように感じています。残念です。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2335.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
写真とは
富士フイルムが、白黒写真用のフィルムと印画紙の製造・販売を終了するそうです。
私はそんな技量はありませんが、素人でも自宅で現像・プリント可能あることから、、私が写真を始めた頃には、自分で現像・プリントしていると言う話を聞くことがあり、プロ級のレベルの素人もいたようです。

しかし、デジタル化の進展に伴い聞くことが少なくなり、写真に求められる技術が、パソコンによるレタッチが中心に変わっていき、雑誌でも白黒の現像・プリントをほめているコメントは見ることはなくなりました。

時代の流れと言えばそれまでですが、写真という言葉と実際の写真の乖離が進むのは寂しいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2334.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
智辯和歌山
今日は春の甲子園の決勝戦でした。
残念ながら地元ということで応援していた智辯和歌山は、あと一歩というところで、準優勝におわりました。
優勝出来なかったのは残念ですが、久々の和歌山県勢の活躍はうれしかったです。

和歌山は過疎化が進みいい話が少なくなってきていますが、この智辯和歌山の活躍をきっかけに良い話が多くなることを期待します。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2333.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
火事は怖いです。
加山さんのクルーザーで火災が発生したそうです。
クルーザーはお金持ちの贅沢品と言われるほど、本当のお金持ちがもつものようで、ある意味持ち人を選ぶ贅沢品といえるものです。
加山さんは海もアウトドもお金持ちも、すべてのイメージを持っている人ですので、クルーザーが良く似合い、所有にいやみのない方であり、そのような方が、クルーザーをこんな感じで無くされたのは非常に気の毒でなりません。


ただ 加山さんは過去何度も苦境を克服してきた方だそうななので、今回のことも乗り切ってくれると信じたいです。

原因は不明のようですが、無人の状態での出荷であり、昼間にエアコン定期点検を実施したそうなので、もしかすると何か人的原因で発生したのかもしれません。
最近近所でも火事があったこともあり、火の管理には注意したいと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2332.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー
カテゴリ無し(74)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2255)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2018年10月(9)
2018年09月(15)
2018年08月(17)
2018年07月(16)
2018年06月(17)
2018年05月(16)
2018年04月(16)
2018年03月(17)
2018年02月(14)
2018年01月(18)
2017年12月(17)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)