blog santaku
新着アーカイブ
▼悪い予感しか...
(2017/12/13 22:55)
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

否定
仕事だのでいろいろ嫌なことがあるのは当然なのですが、本当に我慢しなければならないのかと思うと気もあります。
今日はそんな一日でした。

そんな日は、嫌な思いをさせたのでなく、させられた側でよかったと思ったうえで、忘れることとしています。
明日は休みだし!!
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_806.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
公衆電話
最近見なくなったもの代表的なのものの1つが公衆電話だと思います。
私が子供の頃は何処にでもあるもので、実家の近くにあったのを思い出すと、色々なところにあったことと同時に、色々な記憶がよみがえります。

先日、ウォーキングした時、偶然公衆電話みつけたました。
今見るとなんとなく懐かしい感じがし ちょうど丸型ポストを見たとき同じような感じがします。

携帯電話が復旧し以前ほど利用する人はいなくなったでしょうが、携帯電話が無い学生時代をすごした私のようなものには、携帯電話より、公衆電話での思い出の方がおおいこともあり、少しでも残ってもらいたいと思ってしまいます。
今回みつけたこの公衆電話
も、もともと近くに駅があり、そこを利用する方に重宝がられていたのでしょうが、その駅も廃駅となった今は、役目を終えつつあるのかもしれません。

丸ポストと違い無くなったしまうのでしょうが、公衆電話のある風景が見られないのは残念な気がします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_805.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
西遊記-2
再放送を録画していた西遊記を見てみました。
改めて西遊記の主人公は、孫悟空だと感じさせられるもので、今回見るきっかけが夏目雅子さんだっただけに若干残念な印象もありました。おまけに、猪八戒役が西田敏行さんから左とん平さんに交代されており、子供の頃、西田敏行さんの方が良くってがっかりしたのを思い出しました。

今から思うと、何故人気番組なのにキャストを変更したのでしょうか??よくよく考えてみると西遊記Uでも、天竺に着くことなく終わっており不思議な気がします。
これだけの配役を集めるのが難しくなったのでしょうか???
夏目雅子さんが短命であったこともあり、なんとか、パートVで天竺に到着するまでの製作してもらいたかった気がしてなりません。

特撮や演出は、今製作されているドラマの方が進歩しているのでしょうが、個々の俳優が持っている魅力は時代が流れても、薄れることがないものであり、そのオーラを感じられるだけでも、西遊記は見る価値があると思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_804.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2億7000万円
本家会社が、社長人事でもめています。
結構大きい会社ですので、ネット上でも報道されています。

当然のことなのですが、私のようなペイペイは自分の会社のことでありながら、情報得るのはネットだったりします。
今日読んだそのネットには「巨額の顧問報酬は「口止め料」? =元社長がxxxxxxに公開質問状」書かれていました。
ちょっと気になり本文まで読むと顧問報酬額が、2億7000万円と書かれており、もし事実だとするとかなり胡散臭い話があると想像できるものでした。

今までの実績から考えれば当然の金額なのかもしれませんが、これだけもめて企業イメージも悪くなるような行動をしている人に払いお金としては、一般的で無い気がします。

このままどんどん泥沼化していくのであれば、将来的にはテレビドラマ化も夢でない気がします。
一度はトップに君臨した人たちでのケンカですので、半端な状態でなく韓流ドラマなみにドロドロしたものとし、映画化を目指してもらいたいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_803.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
火山灰
アイスランドの火山噴火が世界中に影響を与えているとの報道が良くされていますが、私は影響ないと思っていましたが、会社では少し影響がありました。

影響といえば、今回の噴火は冷夏の懸念もあるそうです。
温暖化 温暖化ってあれだけ騒ぎ、お金が動いているなか、火山噴火一つで、たちまち気温が下がってしまう事実は、自然の大きさを感じると同時に、温暖化って騒いでリことにさほど説得性が無いのを感じてしまいます。

CO2のは排出の問題が仮に、温度上昇だけだとすれば、一体何年分の温度変化が、短期間せよ今回の噴火で発生するのでしょうか??
地球の環境なんか 常に変化し続けて今の状態にあるだけで、今後も変化していくのは避けられないことであり、それを否定すること自体説得力はかんじられませんし、排出量取引なんかはその最たる例で、何故今出している国や企業に既得権益のごとくその価値を与え、売買すること自体 本来の目的から離れている気がします。

理解できないと言えば、鳩山さんはCO2の排出量を25%減らすと言っていますが、世界全体の4%しか排出していない日本が25%と減らしても、世界全体からすれば1%にすぎません。
どれぐらい効果があるのでしょうか??
仮に百年に危機的状況なるので、世界中の排出量が25%減らしても、問題が125年後に来るだけで何が解決されているのでしょうか??
そもそも 数日後の天気を正確に予想できない今の人間に、100年以上先のことをどれぐらい正確に予想できるのでしょうか??

こういうところに出てくる専門家ほど怪しい人はいない気がします。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_802.htm 
コメント(2) / トラックバック(0)談話
ウォーキング
土曜日曜と暖かかったので、少し長めに歩いてみました。
私の週末ウォーキングは、北勢線に沿って歩くことが多く、特に長めに歩くときは殆どです。
土曜日は、ここまで
歩いてきましたが、本当はもう1つ先の駅まで行こうと考えていたのですが、風が強くて挫折しました。
今日は、暖かかった上風もなかったのですが、同じコースを歩いても面白くないので、逆の方向に歩いてここまで
行ってきました。

どちらも、普段は車で近くの道を走って直にいける距離ですが、歩くと結構かかりますが、その時間のおかげで日頃はまったく気がつかなかったものを、見つけることができます。
お店に張られているこれらの私が子供の頃レトロな雰囲気を放っていただろう看板
も、北勢線では既に無くなっていたと思っていた近鉄時代の発券機
も、いつから建っているだろうと思われる建物
も、何故か道路に放置されている小学校で使用していたと思われる椅子
も、歩いてこそ見つけられるものです。
いつもと少し違うことをすると、少しだけ発見があります。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_801.htm 
コメント(2) / トラックバック(0)談話
夏目雅子さん
今日は会社が停電で休みなので昨日の話ですが、西遊記の話から夏目雅子さんの話になりました。

子供の頃、綺麗と思っていても今見も綺麗と思う人と、そうでない人ががいるとの話になり、夏目雅子さんは今見ても本当に綺麗で、それに対して天地真理さんはと....先輩が言ってました。
私の世代では天地真理さんは、全然記憶にないのですが、少し上の世代ではトップアイドルだったそうで、今の変貌ぶりを見ているためもあるのかもしれませんが、当時何故ファンだったか??と思ってしまうそうです。
よくよく考えてみると、私の子供の頃のアイドルと言えば、中森明菜さん 松田聖子さん 小泉今日子さん とか グループで言ばおニャン子クラブだったりしました。
当時の私は、中森明菜さん一番と思っていましたが、今見ると小泉今日子さんの方が、全然綺麗な気がします。
私の中でも、美的感覚が変化しているってことでしょうか???
個人の中でも変化するのですから、日本人全体の感覚も微妙にずれてくるのもある意味当然で、その結果、天地真理ざんは今の日本人の感覚からズレたものとなってしまったってことなどでしょうか????
ズレる人とそうでない人の違いは、何処からくるのでしょう。

今日も、昨日録画した西遊記をみましたが、夏目雅子さんは本当に綺麗でした。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_800.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
西遊記
西遊記の再放送がされていると知り、なんとなくみたくなり録画してみてみました。
キャストもお金のかけかたも凄いため、今見てもかなり面白いです。
特撮も中途半端に古いとショボさだけが目に付きますが、30年以上前の作品では、その古さも新鮮に見えて、一時間十分楽しめます。

しばらく録画してみようと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_799.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
スガキヤと寿がきや
すがきやラーメンは、カタカナの「すがきや」と漢字とひらがなの「寿がきや」
の2種類の店舗があります。
カタカナの「スガキヤ」は、東海地方では何処でもある「スガキヤ」ですが、この「寿がきや」は数店舗しかなく、ちょっと豪華なラーメンを食べることができます。
週末名古屋に行ったので、これを
食べてきました。
価格が880円するだけあって豪華で、「スガキヤ」のイメージと異なるものです。
「寿がきや」も美味しいかったですが、他に類のない価格と味の「スガキヤ」の凄さを改めた感じました。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_798.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
桜堤
桜堤
って名に惹かれて、ウォーキングを兼ねて見に行きました。

車で行けば直ぐにいけるのですが、混んでいて車を止めるところもないと思い片道一時間程度歩きましたが、殆ど人がいなく.....
唯一いたのが外国人らしき人が2人で携帯で写真を撮っているでけで、何処にでも車が止められる状態でした。

何時植えたのかわかりませんが、最初に植えられたであろう入り口あたりの桜は、
ちょうど見ごろの樹齢と思われる木々で大変綺麗で、田舎で誰もいないのが勿体ないと思えるすばらしいものでした。
同じ桜で、10年ぐらい前 関東にいた時に、大田区?にあった福山さんの歌でも有名になった桜坂いった時は、人の多さと桜のショボさに驚かされたのを思い出しました。
ソメイヨシノは、接木でしか増やすことができないので、クローン的?植物なので、同じ時期に一挙に咲き綺麗な反面、その犠牲として接木ゆえ、元木が弱り30年をピークにどんどん弱っていくと聞いたことがあります。

ソメイヨシノは、見られることが幸せな植物だと思うので、この桜堤ももう少し有名になり、人が集まってもらいたいです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_797.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
日々少しづつ頑張ること
会社の調子がイマイチで、月2回の金曜日休み+残業ゼロってのが、すっと続いていたので、五日連続出勤がちょっときつく感じます。
会社の調子良い時は、土日の休出や残業もかなり多く それを当たり前のようにこなしてきました。それが、しばらく時間的楽な環境におかれると、それになれてしまい頑張りがきかなくなります。

少し前から、ゆとり教育が問題化されてよく報道されていましたが、私にはさほど実感もなく、いまいち問題の本質がわかりませんでしたが、今はなんとなくわかる気がします。
一度楽な生活に馴染んでしまうとそれが当たり前となり、どんどん頑張りが利かなくなっていくことが問題だと思えてきます。

頑張りすぎは問題ですが、日々少しづつ頑張ることは重要な気がします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_796.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
アイスクリーム
最高気温が20℃超えたってことなので、会社の帰りにこれを
買ってきました。最近CMで良く見かけ美味しそうであり選んでみましたが、実際食べてみても結構美味しかったです。

でもよくよく考えてみると、私が子供の頃にはアイスクリームは真夏にしかたべませんでしたので、ある意味この時期に食べるってことは、贅沢言える気がします。
食べすぎないように時々楽しみたいと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_795.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
数年前から、この桜
を毎年見に行っています。
今では全く面影が無くなったしまいましたが、ここには上笠田と呼ばれる桜と猫が名物の駅がありました。
しかし、その駅は北勢線の経営が近鉄が三岐鉄道に移管されてことにともない廃駅
なり今の状態になっています。

そんな駅に何故行くかと聞かれると....明確に答えることができませんが、廃駅後も数年は、近くの方にさわされた駅猫をみることも出来ましたし、なにより人に手入れされることが無くなっても、毎年咲き続ける老木
であろう この桜があったからのような気がします。

桜は、一部を除いては殆ど人の手によって植えられたものだそうで、この桜
も誰か人の手によって、駅を利用する人に見てもらうことを目的に植えられたもだとおもわれ、その桜が、駅が無くなり見てもらう人がいなくなっても、咲き続ける姿は、生き物の持つ強さを感じさせてくれます。

1年でも長く花を見せ続けてもらいたいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_794.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
4月
1月は私的な1年のスタートに対して、4月は社会人としての1年のスタートとの印象が強いです。
その4月は例年もっと暖かかった気がしますが、今年はなんか寒いです。
寒いといっても、今週末は桜が満開なようなので、あっと言う間に暑いって言ってのだと思います。
寒いより暑い方が私はすきなので、早く暑いって言える季節が来てもらいたいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_793.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2010年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2094)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(7)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)