blog santaku
新着アーカイブ
▼悪い予感しか...
(2017/12/13 22:55)
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

今年もあと3日
今年も残すところあと3日ですが、気分的には、今日で会社が終わりでしたので、すでに締めくくった感じです。

ちょっと振り返ってみると今年の最大の写真の成果は、フリーペーパーの表紙の写真を撮ることができたことです。
実力での結果ではなく、一緒に写真を撮らせている方の手伝い??お邪魔??した御褒美的に撮影させて頂いた結果ですが、表紙を飾ったのは事実ですので、成果と考えています。

その他プライベートの方は、大きな変化もなく、平穏にすごせたので、良かったと思っています。
いい変化があるに越したことがありませんが、同じであることも、それはそれで幸せな気がします。

来年も、平穏で少しの良いことがある一年にしたいと思ってします。

今年、このブログに訪れた方、ありがとうございます。
来年も暇な時、覗いて頂ければ幸いです。

良いお年を!!
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_340.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
今年の一枚
今年もあとわずかになってきましたので、今年の一枚を決めることとします。
この写真
は、何気ない一枚ですが、広角系+ちょっと暗いところ+ノイズの多い画像を、レタッチで綺麗にしたもので、今年から少し積極的にレタッチを行ったので、印象に残る一枚となりました。
思っていた以上の出来上がりになったので、今年の一枚とします。

来年も頑張ります。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_339.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)カテゴリ無し
M-1グランプリ
録画していたM-1グランプリを見ました。
面白い面白くないは別として、笑えるものでありませんでした。

M-1グランプリは、結成10年以下の漫才師が、1000万の賞金を目指して、客を笑わせるものだと思います。
しかし、ちょっとみた感じでは、漫才はどれだけ難しいのか?その為にどれだけ苦労しているのか??M-1グランプリはどれだけ緊張感のあるものか???等、本来の漫才をみる上で必要ないかマイナスになることが前面に押し出されたものでした。
テレビで放映される以上、さまざまな演出がつくのは仕方が無いとは、思いますが、表に出すべきことと、裏であるべきもの区別は付けてもいい気がしました。

今回のような演出は、アニメの声優がテレビに出たり、演出家がコメンテーターをしたりするのと同じ気がします。
プロであるなら、裏方は裏方として徹してもらいたいです。

漫才師の人たちも、本当にお客を笑わせたいのであるのであれば、緊張している様子や努力している姿は、もっと隠してもらいたいです。

どの世界にもプロのあり方があると思います。


 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_338.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
久々のゲーム
久々にゲームをしています。
小学生の頃、ファミコンが発売された世代にとって、余暇の過ごし方として、テレビゲームは身近なものです。
熱中していた頃もありましたが、時間が掛かることもあり、殆どしなくなりました。

3連休ってこともあり、久々に長時間やってみました。
ゲーム事態は、子供の頃やっていた頃よりは、面白くなっているはずですが、イマイチ熱中できません。

子供の頃のあの集中力は、何処にいってしまったのでしょうか??今の私では、ゲーム熱中することはないようです。

ゲームの過渡期が言われて久しいですが、改めて普通のゲームを画像だけ綺麗にしても、新しいものは生まれないようです。

デジカメも画質を綺麗にしたいだけで、ついついカメラを買っている私がそこにいます。
写真の本質を磨かなければ....

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_337.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
D300
16日の撮影会は、一日 D300で撮影しました。
本格的な撮影で使用は今回が初めてな上、今まで、キャノンのカメラばかり使っていた私にとって、非常に使いづらかったです。慣れればそうでないのでしょうがぁ....操作性は、キャノンの方が良い気がしました。
あと、気になったのは、3Dトラッキングがイマイチ精度が足りない点で、ポートレートそれも広角系では、使えるほどでは無いようでこの機能を使いたいのであれば、もう少し違った撮り方をしなければならないようです。
この機能に対して期待が大きかったので、ちょっと残念です。
残念ついで、もう一つノイズも決して少なくないようでした。

残念なことばかり書いていますが、カメラの基本性能であるAF精度 露出傾向 さすがの一言で値段だけの価値は十分あります。


完璧なカメラなんてなく....要は使う人しだい.....のようです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_336.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)写真関連
体調不良
日曜日のよるから、体調が悪いです。
腹痛と微熱がその症状で、その上、少し何か食べると吐き気がして気分が悪いです。

医者に行って薬と点滴をおこなってもらい、体調は回復してきましたが、まだまだ本調子ではありません。

健康には、気をつけます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_335.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
今頃PS2
同僚が、PS2を貸してくれたので、久々にゲームをしています。
今回行っているのは、SDガンダムジェネレーションってゲームです。
イマイチ記憶が定かでないのですが、このシリーズの極初期は、ファミコンで発売されていたはずで、高校の頃、少し遊んだはずで、私の記憶の中では、ゲームの内容はそこそこ面白かったのですが、コンピューターの思考時間が長く、ゲーム事態としては、イマイチだったと記憶しています。

それから数十年経っていいるので、ハード ソフトともに進歩しているので、PS2でもさくさく遊べます。

かなり時間が掛かるゲームですので、ぼちぼち楽しいもうと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_334.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
ガソリンスタンド
ガソリンは、どんどん高くなっていますが、必要なものですので、今日も給油してきました。

以前は、給油するスタンドは、特に決めず適当なセルフのスタンドを使用してきましたが、最近は、会社の先輩の知り合いとのこともあり、自宅のすぐ近くのスタンドを使用しています。

このスタンドは、家族経営なので対応してくれるのは、決まっていて店長と奥さんとそのお母さんです。

この三人は、間違いなく家族のようで、ミスもまったく同じことを、します。
今日、給油して6100円でしたので、11100円を払いました!!
5000円のおつりを待っていると、丁度お預かりしましたの一言...
えぇ...といったらもっていたお金を確認して、あわてておつりをくれました。
このミスは、今日は、奥さんで以前は、お母さん!!2度目です。
家族はやはり似てくるようです。

ちょっと ほほえましい気分になりました。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_333.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)写真関連
ボーナス
今日は、ボーナス日でした。
今期は、会社の業績もイマイチでしたので、当然、ボーナスもイマイチでした。
その上、11月に大きな買い物をしてしまったので、今回は、何も買わないようにと思ってもいましたが、それでは、ちょっと寂しいので、何か買おうと思っています。

一応予算は、決めているので、その中で色々考えたいと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_332.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
ルパン3世
近くのレンタルDVD屋さんが、90円セールをしていたので、ルパン3世を借りてきました。

子供の頃見て、何となくインパクトあって記憶に残っていたものでしたが、題名すら覚えていませんでしたが、会社の情報通におぼろげな内容で話したところ、多分、『死の翼アルバトロス』と、『さらば愛しきルパンよ
との話でしたので、かりてみました。

子供の頃、面白いと思っていても、大人になると......って感じの場合もありますが、この2作は、間違いなく今みても、面白ものでした。
それもそのはずで、監督??を宮崎駿さんされたもので、ネット情報によると、当時のルパンに不満を感じていた宮崎駿さんが、本当のルパンは、この2作だけとの意気込みで作った作品のようです。
事実、最終話である、『さらば愛しきルパンよ』では、赤ジャケットの偽ルパンを、ルパンが退治する内容で、このシリーズの赤ジャケットルパンは、偽物ってことを意味するそうです。
本当かどうかは、わかりませんが、劇場版『カリオストロの城では再び緑ジャケットでしたので、間違いない気がします。

宮崎駿さんのこのこだわり、反骨さ、それを周囲に納得させる実力。
天才と言われ続けるだけのことはあります。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_331.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)カテゴリ無し
技能オリンピック
昨日の夜、何気なくテレビを付けたら静岡で11月に行われた技能オリンピックの様子が放送されていました。

技能オリンピックとは、ものづくりの上で必要とされる技能を、国の代表者として、金メダルを目指すものです。

そこに出場されている選手は、数年にわたり技能を磨き続けてた方ですので、見事な技能を持っているかたです。

オリンピックですので、金メダルを獲得するのが目的なのでしょうが、人づくりの意味合いが強い気がしました。

世界一になるため、若者が、何を考え、何を実行し、日々経験として、積み重ねていく。
その結果、技能も向上するが、同時にどのような課題に対してでも、向き合える人間が育っていく姿がありました。

最近、マネーゲームに代表される、リアリティの無い世界で多額のお金が生まれては消えていってますが、ものづくりは、その全く逆の世界で、考えたもの具現化することで、価値のあるものを生み出すもので、リアリティだけが支配する世界です。

単純な話ではありませんが、お金がお金を生む姿も人間だけが持った能力だと思いますが、本当の意味でもっている人間の能力は、形あるものを生み出していくことだと思います。
目で見て 手で触り 匂いを感じ 味を感じ 音を感じる リアルな世界で生きているとは、そういうことだと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_330.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
ウイルスセキュリティZERO
評判の悪いソフトですが、噂を本当でした。

現像専用のパソコンですので、そんなにセキュリティに気を使う必要があるわけでありませんが、それでも、万が一の時のことを考えて、更新料0円って理由だけで、ウイルスセキュリティZEROを使っています。
気持ち的には、入れないより入れといた方が良いって程度しか期待していませんが、不具合でるのは困りものです。
その症状も最悪で、CPUの占有率が100%近くになるのもで、何のためにわざわざインストールしているかわかりません。

直前に、Capture NXをインストールしたので、NET Framework 2.0が、原因とすぐにわかりましたが、アンインストール以外対策方法が見つかりません。
ネットで調べても、解決方法がみつからないどころか、ウイルスセキュリティZERO酷評ばかりでした。

安いだけ買ったセキュリティソフトで、無駄な時間を使っているだけで、これこそ本当の無駄使い気がしてなりません。

安いのには、安い理由があることを改めて、実感しました。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_329.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
現像時間
デジカメの面白さの一つでもある現像作業ですが、枚数が多くなるとパソコンの処理時間だけでも結構かかります。

私の使用しているカメラは、1200万画素以上ですので、仕方が無いと言えばその通りなのですが、それにしても時間掛かります。
最新のキャノンのハイエンド機EOS-1Ds Mark3は、2,110万画素となり、かなりのパソコンでないと撮影するより多くの時間を、レタッチや現像に掛かるのではないかと思うぐらいとなっています。

それがあったのかどうか判りませんが、ニコンのハイエンド機であるD3の画素数も1200万程度です。

わたしの印象では、普通に使用するのではれば、600万画素十分で、恐らく普通の人では、600万 800万 1000万の違いなど判る写真に接する機会はないと思います。
それなりの大さに引きのばさない限り確認できませんので......

最近ニコンがデジタル一眼市場でも、調子が良いようで、この辺からも、ニコンのマーケティングの確からしさを伺える気がします。

どのような製品でも同じだと思いますが、特出した能力の含むバランス感の無いものより、トータルバランスの優れたものが、受け入れられていくのだとおもいます。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_328.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)写真関連
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2094)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(7)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)