blog santaku
新着アーカイブ
▼ちょっと気になる
(2019/7/16 20:46)
▼少しずつ
(2019/7/15 19:33)
▼補正色
(2019/7/14 17:33)
▼細心の注意を!!
(2019/7/12 21:30)
▼微妙な差を見極める目
(2019/7/10 22:06)
▼目には目を歯には歯を
(2019/7/8 21:34)
▼アイスクリーム
(2019/7/7 19:33)

新着コメント
▼人の努力の結果
by taxiskifomb (06/26)
▼人の努力の結果
by skifomb (06/22)
▼人の努力の結果
by skifomb (06/18)
▼人の努力の結果
by Sprinskifomb (06/15)
▼OAリーダー
by SANTAKU (11/08)
▼OAリーダー
by NAO (11/07)
▼今日の地震で...
by SANTAKU (06/19)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

定番??
テレビでは盛んにハロウィーンについて報道されていますが、私の周りではその雰囲気はありません。
それどころか昨年まではジムであったハロウィーンのイベントもかなり縮小されていました。

今後ハロウィーンは、定番になるのでしょうか?それとも....
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2444.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
自由には責任を
先日 ジャーナリストの安田さんの解放について、有識者と言われる女性が発言されていた内容の中に少し気になったことがありました。

その発言というのは、国は日本国民を守る義務があるため、今回の安田さんの件についても国が積極的に対応するのは当然と言うものでした。

日本国民が国から守られる権利があるのは、当然だと思いますが、それと同時に日本国民としてその権利を得るために責任をはたす必要があると思います。

最近 この手の話を聞いている過剰と思えるぐらいの権利を主張する一方ではたすべき責任を明確にしていなことが多いようなきがします。

今回の安田さんがはたすべきだった責任はなんなのでしょうか?
自分の自由意思での行動には、責任は必須です。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2443.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
ジャーナリストとは
シリアで誘拐されてい安田純平氏が、無事解放されたことをきっかけにジャーナリズムとは何かの議論が再燃している?ようです。

私の印象のはなりますが、報道している主体がジャーナリズムをなりわいにしている側なことも影響し、ジャーナリズムを特別な仕事との風潮が強いように思えます。

私としては、ジャーナリストも一つの仕事にすぎないので、お金儲けの手段としての側面は否定だきなく、その仕事で発生するリスクには、自分自身で対応すべきだと思います。

また今回の話は少し複雑で、解放で必要となった身代金が、本来の手順では国際的に禁止されている組織にお金を援助するために。利用されたとの指摘もあるようです。

ジャーナリストの方がどのような理念で、行動されているかはわかりませんが、その行動の結果 国際的に否定されている組織が利益を生むようなことが発生しているのであれば、強く否定されるのも当然のように思えます。

仕事はお金儲けであり、ボランティアでないのですから
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2442.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
振り切れた選手に....
毎年行われているドラフト会議ですが、印象に残る年とそうでない年があります。
今年は根尾選手の野球の実力だけでない、文武両道の万能さに興味が惹かれました。
またこの人は、ご両親がお医者さんをしているそうで、個人としての能力が高いだけでなく、ご家族も強者のようです。

恐らく何年かに一人の強者の根尾選手が、岐阜出身でありドラゴンズに選択されたことは、来年以降の野球を面白くしてくれそうです。

久々の振り切れたスター選手になってもらいたいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2441.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
何歳になっても
昨日は久々に出張に行ってきました。
出張と言っても彦根までなので日帰りになりますが、移動に新幹線を利用したので、なんとなく遠くまで行った感がありました。

子供の頃から身近に新幹線がある地域育った人と異なり、そうでない私のような田舎者にとって新幹線は特別な乗り物になります。

何歳になっても乗れるだけでテンションがあがります。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2440.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
リスクの覚悟は
ドラゴンボールハラスメントとの言葉を、テレビでとりあげられていたので、検索してみました。

ネットの評価は、ブログの書いた栄藤八氏(偽名)とその会社の炎上商法との見方が多いようです。

また今回の件で初めて知ったのですが、若害っていうネット用語があるようです。
老害をもじった言葉のようで、
ブレーキがきかない。
虚勢を張る。
要らぬ意地を張る。
人目を引きたがる。 
行動を指すようです。

今回の行動もリスクを覚悟していれば、理解する人もいるのでしょうが、本人も会社もリスクを考えての行動に思えません。
しかし、本人たちの意思とは関係なく、そのリスクを背負っていくこになるでしょう。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2439.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
勘違いが必要かも..
沢田研二さんがコンサートを直前でキャンセルしたそうです。
真相はわかりませんが、契約上の問題によりコンサートを中止となったようです。

7000人もファンが集まっているので、契約の違反が仮にあったとしても、舞台に立つとの選択もあったと思いますが、それを選択すれば沢田研二のイメージが崩れるような気もします。

最近の芸能人の方は尖った方はいなくなり、みんな優等生ばかりですが、私の子供の頃はテレビの世界は、異質なのもので一般の常識とは違う世界のように思っていました。
だから観ていても面白いし、特別感がありました。

しかし、ネットが広がり情報の拡散が制御できなくなった現在では、芸能人の特別感を演出するのも難しく、普通の人と同じであることが条件となっています。

勘違いが必要かもしれません。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2438.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
疲弊社会
免振目的に使用するダンパーの不正について報道されています。
少し前の三菱の燃費偽装もそうでしたが、自分の実力以上にものを作ろうとして、納期までにスペックを満たすことができず、結果的に偽装をしているように今回の件も思えます。

私も製造業のエンジニアですが、最近 出来もしない目標をたてることが多い気がします。

競争の社会ですので、目標は重要ですが戦略も戦術もなく高い目標を立てるのは、組織を疲弊させます。

今回も現場の検査の問題のような報道を聞きますが、実際はどうなのでしょうか??

今回のダンパーは命にかかわるものなので、偽装なんか絶対してはいけないことは従業員のだれもがわかることです。

組織が疲弊している結果のことかもしれません。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2437.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
人の本質は....
サウジアラビア人記者が、大使館を訪れたあと行方が確認できなくなり、殺害された可能性が濃厚との報道がされています。

殺害中の音声をApple Watchで録音されているとの報道があるかと思うと、トルコではApple Watchは使用できないとか??真実は良くわかりませんが、映画でしか起こらないと思われるなにかが、現実として存在しているようです。

人類は進歩しているように思いたいですが、科学技術は進歩し生活は変化していますが、今回の報道が事実であれば、人の本質は何も変わっていないことを表しているかもしれません。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2436.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
移転より重要なこと
築地市場の豊洲市場への移転が盛んに報道されています。
日本の台所のことなので当然のようにも思えますが、実際のところ卸売市場での取引額は縮小を続けており、昔ながらの流通システムが今後成長するとの見方は少ないようです。
それなのに豊洲市場への移転は盛んに報道されています。
一つの要因としては、東京のことで取材しやすいことがあるようです。
以前から言われることですが、沖縄に台風が来て被害が出ても全国ネットでは少しだけしか放送されませんが、東京でヒョウが少し降っただけで、全国ニースで大きく扱われます。

今回の移転問題も、東京のことだから報道されていることを踏まえて、本質をみる必要があります。

本当に心配しなければならないことは、移転の話ではなく、卸売市場が消費者にとって価値がるものでいつづけられるかとのことで、
消費者の多くが、卸売市場を通さないの大手飲食チェーンや大手スーパー、大手コンビニチェーンをメインに使用していることに足してどのように対応していくかということに思えます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2435.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
死亡確率 2%以上
ソユーズの打ち上げが失敗したことが報道されていました。
人が作ったものなので、完璧なことはありえませんが、ソユーズは完成度が高く、最も確実に宇宙に人を送れるシステムと世界中で認識されているだけに打ち上げを失敗を聞いた時は驚きました。

しかし、それ以上に驚かされたのはソユーズの安全システムで、旧ソ連が作ったものなので宇宙飛行士を守るシステムなんか無いと思っていただけに、打ち上げ失敗の事故であるのも関わらず、宇宙飛行士の方は無事帰還できたことです。

ロケットの打ち上げで重大事故が発生する確率は。2%程度と言われ50回に1回は何らかの事故が発生するようです。
そのため、今回のソユーズのような安全システムが重要だと言えます。

最近 一般人に月旅行が話題になっていますが、月旅行はさらに難易度の増すミッションなので、2%以上の確率で事故が発生する事が予想できます。

1000憶円を準備できる人が、どのような気持ちで宇宙にいくのでしょうか....

成功を続けている人は、自分は大丈夫だと思うのでしょうか.....
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2434.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
もう少し慎重にすれば...
ホワイトタイガーに襲われ飼育員死亡したそうです。
動物なので、どのような行動をとるかは誰もわからないとはおもいますが、一番可愛がっていて行動を理解している人が襲われたのは、残念でなりません。
襲われた人がどのような状態かはわかりませんが、トラとしてはちょっとジャレタだけの気持ちだったかもしれません。

個人的には、動物園は好きではありませんが、子供に楽しんでもらおうと頑張っている飼育員の方は尊敬します。

飼育員のご家族のご理解もあり、襲ったトラは殺処分されることは無いようです。
被害にあわれた飼育員の方も、殺処分は望んでいないとおもいますので、良い結論だと思います。

時々このような話はニュースになりますが、こう少し慎重な行動をこころがけ、今回のような誰もが損しかしない事件は起こさないようにしてもらいたいす。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2433.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
1500年
スウェーデンで8歳の女の子が、湖の底から1500年前の剣をみつけたそうです。

子供のが湖から剣を見つけたのも驚きですが、1500年近くも水の中にありながら、朽ちていないことです。
日本で言えば古墳時代の刀剣が、土の中に埋もれていたものが、子供が持てる強度を保っていることにになります。
案外 水の中は酸素が少なかったりして酸化が進みにくく、鉄等原型を保つのでしょうか...

不思議です。

1500年前にこの剣を作った人は、1500年後世界中の話題になるとは想像もしていなかたtでしょう...

ロマンがあります。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2432.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
異なる世代のリメイクを....
宇宙戦艦ヤマトがテレビ放送されると、会社でチョットだけ話題になっていたので観てみました。

一話では判断できませんが、リメイク前の世界観とは大きく変わっており、好みが分かれる作品のようです。

ただ世界観を変えるリメイクを行えるヤマトは、作品の幅を広げており、子供の頃 ヤマトを見たものにとっては、興味が惹かれます。

私が子供のから最も心惹かれたファーストガンダムも、当時の作成者から手の離れたリメイクを見てみたいです。

どのリメイク作品は賛否がありまが、当時 観客側であった人が作る作品は、同世代には観てみたいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2431.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
もしかすると
正式決定ではありませんが、11月に海外出張に行けるかもしれません。
英語のできない私にとって、海外出張は大変なことが多いですが、日頃しないことができることは楽しみでもあります。

すこしだけ行先のことを調べます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2430.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
フィットネスブーム
例年 9月になるとジムがすいてくるのですが、今年はへるどころか、増えています。

ほどほど増えるのは活気があってよいのですが、マシーンの待ち時間が長くなるほどの状況はこまりものです。

私は最近さぼり気味なので、増えた人に刺激を受けて頑張りたいとおもいます。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2429.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー
カテゴリ無し(75)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2403)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2019年07月(10)
2019年06月(18)
2019年05月(17)
2019年04月(17)
2019年03月(16)
2019年02月(16)
2019年01月(16)
2018年12月(19)
2018年11月(13)
2018年10月(16)
2018年09月(15)
2018年08月(17)
2018年07月(16)
2018年06月(17)
2018年05月(16)
2018年04月(16)
2018年03月(17)
2018年02月(14)
2018年01月(18)
2017年12月(17)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)