blog santaku
新着アーカイブ
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)
▼真実はわかりませんが
(2017/11/30 22:55)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

やばい...かも....
朝起きてから左肩が痛いです。
昨日重いものを下げたからだと思いたいですが、年齢からすると四十肩.......

しばらく様子を見ますが、嫌な予感がします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1105.htm 
コメント(1) / トラックバック(0)談話
やばい
何時の頃からかわかりませんが、「やばい」を肯定的に用いるようになってきていますが、私の周りではもっぱら否定的な意味で用いられており、テレビとかでは「やばい」=「凄い」と解釈し、まわりで使うときは「やばい」=「状況が悪い」と解釈しています。

そんな私ですので、先日行った熱帯魚ショップの30歳前後の店長さんとレッドビーシュリンプの血統について話していた時、ある手順で繁殖させていくと「やばい」固体が出現すると言われ時、問題のある固体が出現すると解釈してしまいまい、私が勘違いしたことに気付いたが店長さんが気をきかせてくれて、つかさずに良い意味でとフォローしてくれたことがありました。

その時の私は話の内容より、10才程度しか違わない人の会話でも勘違いしてしまった事実が気になり...
歳を重ねるとこんなこんなことが多くなってくるのだと思うと、そればかり気になりました。

いろんな意味で「やばい」年代に突入しています。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1104.htm 
コメント(2) / トラックバック(0)談話
血統
今まで飼っているプレコは、高価なものといえばワイルドですので、血統は全然気にしていませんでしたが、最近、ちょっと始めたレッドビーシュリンプ
で非常に重要なようです。

血統が重要となるは基本的は商売上の理由ようですが、生体に寿命の短さも影響しているようです。
レッドビーシュリンプの寿命は2年以下です。
そのため長期間飼育するには、その期間で繁殖させる必要があり、血統が良くないと元の固体とはことなった綺麗といい難いものとなっていくようです。

しかし、ここで微妙なのが閉鎖的な空間でくり返り繁殖させていくの遺伝的問題が発生することで、どんなにうまいこと飼っても、一定期間ごとに別の血統の固体を追加していく必要があるようです。
どちらにしても、閉鎖空間で生き物の命をつないでいくのは大変ってことのようです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1103.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
立川談志さん
立川談志さんが亡くなられたそうです。
私の年代でも、立川談志さんが最も輝いていた頃も知らないので、平成の大名人や落語界の巨星との形容は正直ピンときません。
それどころか、落語をしているところも見たことがないような気がします。

しかし、私より少し上の若い頃の立川談志さんを面白いと感じた世代には、その頃の印象の影響もあり、平成の大名人や落語界の巨星との形容になるようです。

これを私の世代で言えば、ビートたけしさんにあたるのかもしれません。
子供の頃、ビートたけしさんを面白いと思っていたので、今のビートたけしさんも面白いと思いたいって感情がどこかにあり、今の印象になっているような気がします。

このような感情は私の中では多くあります。
F1ドライバーで最も優れているのは、シューマッハではなくアイルト・セナですし、アニメもEVA等の大人になってみたものよりも、ガンダムが最高ですし、新幹線と言えば0系のです。その後のものが本質的に優れていても、子供の頃のものが最高です。

そのように見ると立川談志さんの死去がニュース速報で報道されるのも、わかる気がします。
ご冥福をお祈りします。

その一方で、アイドルや芸能人は今の若い人のほうが圧倒的に綺麗に感じてしまいます。手足も長いし.......
この違いってなんなのでしょうか???
その後のアイドルでない姿を見てしまうためでしょうか??

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1102.htm 
コメント(2) / トラックバック(0)談話
プレコ紹介
ブログには2回目の登場のアバカシ君です。

保護色の能力に長けているプレコですので、底砂の白に合わせて結構いい感じのパイナップル風になってきます。
おまけにプレコでは珍しく水槽の手前に出てきてくれる飼い主思いであり、結構お気に入りです。

同居のウルスカ君とは、小競り合いをするのはこまりものですが、元気にしているので良しとします。


 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1101.htm 
コメント(4) / トラックバック(0)談話
えびのいちかわ
名古屋でレッドビーシュリンプのあつかっている店で、有名なのは何件があるようですが、その中でも特にCRIMSONとえびのいちかわは有名なのようなので、ちょっと覗きに行くこととしました、
本当は2店とも行きたかったのですが、CRIMSONはネット情報ではかなりのプロショップのようでビギナーの私には敷居が高そうなので、テレビの取材とか受けており気さくな店長さんとの評判のえびのいちかわに行ってきました。

熱帯魚ショップをまわっているときも色々な店長さんがいるのを感じましたが、このえびのいちかわの店長さんはかんかなりの高齢であることもあり、学問的に飼育メカニズムを理解するタイプではないようで、数多の経験に基づいた知識で独自の飼育スタイルを確立している職人って感じの方でした。
そんな方ですので、話を聞いていると一般的な飼育理論とは違っている印象を受ける時がありましたが、最後まで聞くと飼育の完成度の高さを感じさせられるもので、趣味の世界においては極めていると言える方でした。

あまりにも気さくな方でしたので、1時間程度話し込んでしまいました。
いろいろな情報頂いたので、予定ではなかったのですが、ソイルとしょぼいランクのレッドビーシュリンプ購入しまた。
するとこの餌を
おまけしてくれました。
どこまでも良心的なショップでした。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1100.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
イマイチな日々
いつもさほどうまいこと仕事がすすんでいるわけではありませんが、ここしばらく特にうまいこといきません。
何か理由があるとは思いますが、過去の経験上それを考えてもあまりうまいこといったためしがないので、しばらくは静かにしていよと思います。

明日は金曜日、後1日頑張ります。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1099.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
久々にプレコの紹介です
ロイヤルプレコって言われるプレコです。
このプレコは、かなり特殊な食性をしていて流木をかじっているだけでも生きていけるものです。

そのような食性なので水槽で飼った場合は、色々なものをかじるので注意がヒーター等の配線に必要な上、大食漢で排泄物が多く飼育水もかなり汚すので、あまりすすんで飼っていなかったのですが、ちょっと模様が気に入り買うこととしました。
すこし残念なのは、この模様は成長とともに大きく変化してしまうので、いつまで気に入った姿でいてくれるかわかりません。
その変化を楽しみながら飼育していくのも面白いので、変化を期待したりします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1098.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
熱帯魚ショップとは??
近くの熱帯魚ショップで、中学生らしき子が熱帯魚の調子が悪いと相談にきていました。

私はこのショップで流木や消耗品が比較的安いので時々行っている程度のショップですが、今回相談に来ていたような行動範囲の小さい中学生にとっては最大の相談相手だと思います。

今回相談受けていたアルバイト風の店員さんでしたが、明らかに間違ったアドバイスをしており、それも極々基本的な内容でした。

熱帯魚ショップですので、営利目的にするものでありますが、同時に生き物を扱っていることを自覚してもらいたいですし、わからないのはわからないと言うのも必要だと思います。

一方同じ少し前に岐阜にできた熱帯魚ショップにも、週末行っていましたが、こちらはプロショップって感じで、私の質問に対しても私のレベルに合わせて的確に答えてくれます。

対象的なこの2店舗が、今後どのようになっていくか気になっています。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1097.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
TPP
野田総理が党内の判断を押し切り、事実上TPPへの参加を表明しました。
私は単純ですので、資源の無い国であるの日本が豊かさを維持するためには貿易で外貨を得るしかない考えますので、貿易の自由化は必要だと思います。

そんな私ですので、現状保護されている農業や畜産等の産業関係者が反対するのはある程度仕方が無いと思っていましたが、国会議員の多くが反対するのは正直驚きでした。

反対する人は、どのように石油や多くの農産物を輸入するためのお金を確保すると考えているのでしょうか??

原発の反対する人もそうでしたが、反対は大きいな声で言うのですが、明確な代替案をしめさなかったと思います。今回TPPを反対している国会議員も、10年後の国のあり方を示さないで反対しているレベルでは、個人の選挙対策でおこなっていると見られてもしかたがない気がします。

私も若くないですが、反対している国会議員も高齢...反対している農業従事者の多くも高齢....何かおかしい気がします。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1096.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
先週末は
画像掲示板に貼っていますが、週末こんな感じ
の撮影をしていました。
大型ストロボで多くの枚数を一定の品質で撮影していくのは、それはそれで面白く楽しい撮影です。

次回、撮影のチャンスがあれば今回の反省点を修正したいと思います。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1095.htm 
コメント(1) / トラックバック(0)談話
大塚範一さん
大塚範一さんが結果急性リンパ性白血病で入院されたそうです。
大塚さんがメインキャスターされている「めざましテレビ」は、私が社会人になったころから放送されていたこともあり、朝テレビをつけたら、意識することなく「めざましテレビ」を見ながら会社に行く準備するのが日課となっているので、大塚さんが朝テレビに出てこないのは寂しさを感じます。

今は、白血病も不治の病ではないので、なんとか大塚さんには、病気を克服し復帰して頂きたいです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1094.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
商売とは????
桑名地区に熱帯魚ショップが開店し、それが1号線沿いってこともあり序所に知られるようで、少し熱帯魚を趣味としていることが会社でも知られているわたしにも、同僚から感想を聞かれたりしました。

今のそのショップの印象は!!

一般的?に熱帯魚ショップの経営は年々難しくなっているなか、それでも商売が成り立っているショップの条件は、専門性が高い 少人数で経営している ネットを有効に利用している等があげられると考えている私から見ると、今回出来たショップはいずれも十分である印象はなく、それどころか、熱帯魚ショップは電気代等の光熱費を最小限にするため、基本的に窓が極端に少ないのが普通なのですが、このショップは3面窓で、利益がでるのかと心配とコンサルティング業者風に答えてみました。

しかし、このショップが繁盛していないかと言うとそうではありません。
不思議とお客さんが常に誰かが来られているようです。
私が気が付かない何か魅力がこのショップにはあるようで、結局、このショップから私がわかることは、商売は難しいってことだけのようです。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1093.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
今日は休みでした。
木曜日って中途半端ですが休みでした。
特に予定もなかったので、近所の熱帯魚ショップを覗きにいくこととしました。

案外人も少なく店長さんと話せたので、以前から気になっていたレッドビーシュリンプのことを聞いてみたところ、なかなか面白そうなので、一番安いのを5匹購入してみました。

レッドビーシュリンプ飼育は、底砂にソイルを使用すれば、比較的容易に飼えるようですが、ソイルは寿命管理が難しようなので、家にあったふつうの底砂を利用して飼育することとしました。

レッドビーシュリンプは申し訳ないですが、この5匹に色々教えてもらおうと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1092.htm 
コメント(2) / トラックバック(0)談話
もう11月です。
あと、2ヶ月で今年も終わりと思うと早いです。
今年は、いろいろ天災があったこともあり、良い出来事の印象が薄いので、残り2ヶ月には良いことが多いことを期待して過ごしたいと思います。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_1091.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2093)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(6)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)