blog santaku
新着アーカイブ
▼RVR清音化の効果
(2020/9/23 20:44)
▼四連休三日目も
(2020/9/21 20:32)
▼四連休二日目も
(2020/9/20 19:41)
▼RVR 清音化
(2020/9/19 18:50)
▼不注意....
(2020/9/18 21:37)
▼菅新総裁
(2020/9/16 21:24)
▼秋がぁ....
(2020/9/14 20:23)

新着コメント
▼人の努力の結果
by lylqibqqwiz (09/10)
▼人の努力の結果
by lnxvwn (09/10)
▼人の努力の結果
by uopdghyp (09/10)
▼人の努力の結果
by htnqcvccg (09/09)
▼人の努力の結果
by KennethPaymn (09/01)
▼人の努力の結果
by _________ _____ (08/27)
▼人の努力の結果
by Michaelneody (07/24)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

最近知ったこと
最近知ったこと

その1
会社の装置を立ち上げに来ている方は、以前、原発のメンテナンスの仕事をしていたそうです。
原発のメンテナンスとかは、専門性必要とし危険も高いので資格を持った人が行なっているのかと思っていましたが、そうでなく以前は派遣社員の方が行い、今では請負の方が行なっているそうです。

その2
今回の事故で、数日前の報道であった協力会社の社員さんが足に被爆しましたが、こうのような協力会社が派遣さんや請負業者と契約しメンテナンスをしているそうです。

その4
下世話な話ですが、原発の危険な作業は高収入と思っていましたが、許容被爆量に上限があるため、働ける時間が長いわけでもないので、時間あたりの給料はともかく月給としてはそう高くないそうです。

その5
今回知り合った人いわく、電力会社の社員さんはメンテのような作業エリアには来ないので、今、福島の原発の復旧で必要な実作業は電力会社の社員さんは経験がなく多分できないと言っていました。

その6
もう人の知り合いは、原発関連施設の近くに住んでおり、その地域は、年に1回電気料金の還付があり、殆ど使った電気料金が戻ってきたそうです。
おまけに、周辺住民限定の施設内の草むしりのアルバイトがあり、午前と午後数時間作業しただけで2万円だったそうです。
その知り合いは転勤でたまたまそこに住んだそうですが、そのような事実を知ったとき、原発はやはり危ないといううことを
実感したそうです。

感想
私は、原子力発電については賛成です。
人の力で核分裂をおこせるようになり60年以上も経っており、慎重に管理すれば有益なものだと思います。
もし、上に書いた話が仮に事実でしたら、日本では原子力発電を使うべきでない気がしてきます。

今までの日本は、
   リスクはないので原子力発電は推進
   少しでもリスクがあれば原子力発電からは撤退
 
  の両極端の考え方が強すぎた気がします。

いろいろ考え方はあると思いますが、リスクをリスクとして
認めて、
    そのリスクを最小限にして原子力発電は推進

  との考え方が必要な気がします。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_979.htm 
コメント(3) / トラックバック(0)談話
40年前
福島の原発は40年以上稼動していたそうです。
40年前に立てたもので、今でも現役で使えているものってそう多くないと思います。
もしこれが、原発のような危険なものでなければ・・・
40年もよく頑張ってくれたが、地震で大きな被害を受けたので残念ながら立て替えることとします。
40年間電気を供給してくれてありがとうとの気持ちの中で、惜しまれつつも解体されたのではないでしょうか??

その一方で、何故40年も使い続けなければならなかったのかを考えなければならない気がします。
私を含め日本人には強烈な核アレルギーがあります。
原発を増やすとか新しく立地するのは非常に難しいのも事実です。
その証拠に、東京電力の原発が福島あるのだと思います。

よくよく考えてみると専門化の中で、本当は立て直しておくべきと思っている人はいたのではないでしょうか??
40年前の設計の原子炉をそのまま使うリスクは素人目はありそうですし、より震源地に近い女川原発が無事停止したことからも、そのように思えてきます。

東京電力の事故対応を批判している日本人の多くも、電気を使用しながら、リスクを含む発電に無関心であったのだと思います。
その結果、新しい原発が建てられず、古い原発を使い続けなければならない状況を作っていたすれば、人災というしかないと思います。
天災が原因にするのは簡単かもしれませんが、もう少し良く考える必要があるとおもいます。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_978.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話

カテゴリー
カテゴリ無し(78)
写真関連(70)
旅行(5)
談話(2651)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2020年09月(14)
2020年08月(17)
2020年07月(18)
2020年06月(15)
2020年05月(18)
2020年04月(18)
2020年03月(16)
2020年02月(15)
2020年01月(18)
2019年12月(18)
2019年11月(19)
2019年10月(20)
2019年09月(17)
2019年08月(19)
2019年07月(20)
2019年06月(18)
2019年05月(17)
2019年04月(17)
2019年03月(16)
2019年02月(16)
2019年01月(16)
2018年12月(19)
2018年11月(13)
2018年10月(16)
2018年09月(15)
2018年08月(17)
2018年07月(16)
2018年06月(17)
2018年05月(16)
2018年04月(16)
2018年03月(17)
2018年02月(14)
2018年01月(18)
2017年12月(17)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)