blog santaku
新着アーカイブ
▼選択と集中
(2017/12/11 22:09)
▼収納とは捨ていること
(2017/12/9 20:21)
▼働き方改革
(2017/12/7 23:03)
▼移民は....
(2017/12/6 22:21)
▼もう少しで
(2017/12/4 22:04)
▼食生活を見直します。
(2017/12/2 20:09)
▼真実はわかりませんが
(2017/11/30 22:55)

新着コメント
▼高齢化社会...
by SANTAKU (11/18)
▼高齢化社会...
by NAO (11/15)
▼分解してみると...
by SANTAKU (10/18)
▼分解してみると...
by NAO (10/17)
▼加水分解
by NAO (09/10)
▼今年の夏の海は
by ゆうこ (09/04)
▼実家に帰っていました。
by S (06/04)

新着トラックバック
▼スーパー松源
by スーパーマーケット大辞典 (05/27)

食生活を見直します。
昨日は会社の創立記念日でした。
創立記念日と言っても、お菓子をくれるぐらいですが、すこしだけ早く帰れるの楽しみだったりします。
少し早く帰れたので、久々にチェーン店のラーメン屋さんの行ってみることのしました。
久々の食べたので美味しいはずなのですが、以前ほど美味しいと感じるものではありませんでした。

多分 日頃摂生したいない為だと思います。
食生活を見直します。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2266.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
真実はわかりませんが
日馬富士さんが引退されました。
暴力は正当化できませんが、会見をみていると罪と罰のバランスが正しいのかと疑問が湧いてきたのも事実です。

一部の報道では、態度の悪い貴ノ岩さんを日馬富士さんが注意をしたところ、さらに反抗的な態度を示し、それに我慢がならなかったので日馬富士さんが暴力をふるったようです。
事実がどうかわかりませんがぁ。。。
もし、貴ノ岩さんが日本人だったら、日馬富士さんは、そこまで怒ったのでしょうか?モンゴル出身の人が日本で活躍するのは、日本人以上に礼節を守らなけれなならないとの気持ちがあったように思えます。
もしそれが当たっていれば、日馬富士さんが受けた罰と同様に、貴ノ岩さんも一定のペナルティがあってもよい気がします。

あと、今回の件で誰が得をしたかと考えてみると、唯一貴乃花さんだけは、協会批判にこの件を利用できたことだけのように思えるのも気になります。

何十年も続けた努力も一瞬に無になってしまう事実は、深く考えたいと思います。

また、日馬富士さんの再起に期待したいです。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2265.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
損??得???
会社の同僚とアパートの家賃について、10年以上払い続けたら中古の安いマンションを買った方が得ではないかとの話になりました。
確かに私が住んでいるのは田舎ですので、中古住宅で安いのもあり、一定期間住むのであれば中古住宅も魅力的なものであるような気がしました。

維持費やその他いろいろお金がかかるので、一概に中古住宅といえませんが、アパートにお金を払い続けるのが、単純に正解と言えないのも事実だと思います。
多くの人はどのように思っているのでしょうかぁ...
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2264.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
収集癖 再び..
近くのリサイクルショップに時々行っています。
収集癖があるので、ついつい買ってしまうので行かないようにしているのですが、昭和の頃の懐かしいものが売っているを知ってしまいついつい行ってしまいます。
買ってどうするのかと自問自答しているのですが、高価でないし....誰かが買えば二度と思えば...買ってしまいます。

子供の頃からの収集癖はなかなか治りません。
 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2263.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
人の本質は....
クレイジージャーニーには、様々な振り切れた日本人が登場します。先日紹介されていた戦場ジャーナリストの方の振り切れ具合は、私の想像をはるかに上回るものでした。

世の中には、見たいもの 体験したいこと 知りたいこと 多くありますが、それを得るために命を落とす確率が非常に高い場合は、ほとんどの人はあきらめてしまうのが普通だと思います

今回 紹介されていた戦場ジャーナリストの方は、知りたいという目的を達成するためには、命を懸けるのは仕方がないと考える方で、逆にそのような危険な状況下に身を置く人と会うことが、人としての「生」を強く感じるというものでした。

死と隣り合う世界が、最も「生」を感じるとの感覚は判らないではないですが、死は仕方がないと言い切れる考えは理解できませでした。
またその一方で、そのような考えを抱く体験とはどのようなものなのか気になるのも事実であり、知りたいとの欲求が強い人は、命を懸けて行動するものかもしれません。

人間の本質を考えさられました。

 http://santaku.lar.jp/step_blog/archive_2262.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)談話
< 次のページ        前のページ >
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー
カテゴリ無し(70)
写真関連(69)
旅行(5)
談話(2093)
ウォーキング(2)
電車(27)

月別アーカイブ
2017年12月(6)
2017年11月(16)
2017年10月(17)
2017年09月(15)
2017年08月(16)
2017年07月(17)
2017年06月(16)
2017年05月(16)
2017年04月(14)
2017年03月(16)
2017年02月(14)
2017年01月(16)
2016年12月(18)
2016年11月(16)
2016年10月(16)
2016年09月(13)
2016年08月(16)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(17)
2016年04月(15)
2016年03月(17)
2016年02月(14)
2016年01月(20)
2015年12月(18)
2015年11月(16)
2015年10月(16)
2015年09月(15)
2015年08月(16)
2015年07月(15)
2015年06月(16)
2015年05月(16)
2015年04月(14)
2015年03月(12)
2015年02月(14)
2015年01月(17)
2014年12月(17)
2014年11月(17)
2014年10月(17)
2014年09月(15)
2014年08月(18)
2014年07月(17)
2014年06月(16)
2014年05月(16)
2014年04月(16)
2014年03月(17)
2014年02月(15)
2014年01月(16)
2013年12月(17)
2013年11月(15)
2013年10月(15)
2013年09月(16)
2013年08月(15)
2013年07月(17)
2013年06月(16)
2013年05月(20)
2013年04月(15)
2013年03月(18)
2013年02月(14)
2013年01月(16)
2012年12月(17)
2012年11月(15)
2012年10月(17)
2012年09月(15)
2012年08月(17)
2012年07月(16)
2012年06月(18)
2012年05月(17)
2012年04月(16)
2012年03月(19)
2012年02月(16)
2012年01月(16)
2011年12月(17)
2011年11月(15)
2011年10月(15)
2011年09月(16)
2011年08月(17)
2011年07月(14)
2011年06月(15)
2011年05月(17)
2011年04月(16)
2011年03月(18)
2011年02月(15)
2011年01月(14)
2010年12月(17)
2010年11月(15)
2010年10月(16)
2010年09月(15)
2010年08月(17)
2010年07月(14)
2010年06月(16)
2010年05月(17)
2010年04月(14)
2010年03月(18)
2010年02月(14)
2010年01月(16)
2009年12月(20)
2009年11月(16)
2009年10月(19)
2009年09月(15)
2009年08月(20)
2009年07月(18)
2009年06月(16)
2009年05月(17)
2009年04月(14)
2009年03月(15)
2009年02月(15)
2009年01月(17)
2008年12月(16)
2008年11月(17)
2008年10月(18)
2008年09月(15)
2008年08月(17)
2008年07月(17)
2008年06月(19)
2008年05月(17)
2008年04月(18)
2008年03月(17)
2008年02月(15)
2008年01月(16)
2007年12月(13)
2007年11月(15)
2007年10月(18)
2007年09月(16)
2007年08月(18)
2007年07月(17)
2007年06月(15)
2007年05月(19)
2007年04月(18)
2007年03月(22)
2007年02月(15)
2007年01月(16)
2006年12月(16)
2006年11月(20)
2006年10月(21)
2006年09月(19)
2006年08月(25)
2006年07月(24)
2006年06月(11)